芸能

『マイファミリー』の多部未華子 「母となった」存在感が際立っている

わたナギは大ヒット

大卒、マイペースでも知られる

 俳優はイメージをまとう仕事、視聴者にとっては私生活も気になるものだ。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 ゲーム業界の新時代を切り拓くカリスマ経営者・鳴沢温人(二宮和也)とその妻・未知留(多部未華子)。鎌倉に豪邸を構えるセレブだが実は冷え切った仮面夫婦。娘を誘拐されてしまった二人は、もう一度力をあわせて犯人と対峙することに。

 犯人から届く指示は「5億円用意してください」「警察を完全に排除するように」。困惑した二人は犯人と交渉しようとネットニュースで会見を開くが……日曜劇場『マイファミリー』(TBS系日曜午後9時)。冒頭からめくるめく展開で、スピード感に引き込まれてしまいました。緊張感のある引き締まった画面となっている理由は……。

 まず主役の二宮和也・多部未華子、二人の演技の力が光っています。役にしっかりと集中し成りきっている。特に、仮面夫婦の二人の間に流れる微妙な空気感がリアルに伝わってくる。

 妻から気持ちが離れた夫の、ちょっとクタビレた感じ、投げやりな感じ、しかし少しずつ気持ちが戻っていく感じ……冷たさと温かさの「あわい」を二宮さんが絶妙に演じています。

 相手への反発と夫婦としての親密。その間の揺れ具合。妻が着替えようとすると、見てはいけないもののようにさっと視線をかわす夫。「こういう時ってこういう反応をするよね」と、視聴者を納得させる些細なしぐさにリアリティが宿っています。

 娘が誘拐されて風呂に入る余裕もない二人が、体をぬぐうボディシートを分け合うシーンも実に細かくて巧い。最初は躊躇していた妻が、夫に手を伸ばして背中を拭く。何ともいえない官能感が夫婦の間に漂っている。セリフではなく、二人の役者の表現の力が微妙な空気感を伝えています。

 そして演出の力。捜査1課・葛城刑事役の玉木宏、鳴沢のビジネスパートナー・立脇香菜子役の高橋メアリージュン。友人の三輪を演じる賀来賢人、東堂役の濱田岳とそれぞれ役者の個性を際立たせ、誰もが無くてはならない存在としてドラマ世界のパーツにはまっています。

 脚本もいい。時代を的確に捉え説明的なセリフは少なく、事件を通して人間の姿を描き出そうとしています。ゾっとするような無機質な仕掛けも、効果的。

「みの しろきんが さきです」
「した がわなければ ころします」

 スマホから届く犯人の声は妙に明るく抑揚がなくて乾いた機械音。単語が持っている深刻な意味あいと、かけ離れた声色と。二つの落差がまさしく不気味を演出しています。

 というように役者、演出、脚本の三要素がバランス良く揃って秀作になりそうな予感。中でも敢えて、「変化」について注目点を挙げるとすれば多部未華子さんでしょう。

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン