スポーツ

移籍組に容赦ない巨人 二軍落ちの中田翔が直面するプロ野球人生の正念場

中田翔のプロ野球人生にとって大きな正念場に(時事通信フォト)

中田翔のプロ野球人生にとって大きな正念場に(時事通信フォト)

 4月22日、巨人の中田翔が登録を抹消された。原辰徳監督は「首の状態があんまりよくないらしいよ。(中田は)弱音は吐かなかったけど、やっぱり万全な体調でね」とかばったが、何より焦っているのは本人ではないだろうか。昨年、日本ハムの4番としてスタートしたが結果を残せず、8月にチームメイトに暴行を働いて謹慎。巨人移籍後も打棒はふるわず、打率1割台でシーズンを終えた。そして、今年も不振にあえいでいる。プロ野球担当記者が話す。

「キャンプ、オープン戦とずっと調子が良かったが、開幕したら下降線を辿った。中田に限らず、ロッテの高部瑛斗、オリックスの福田周平、西武の鈴木将平、広島の小園海斗、中日の岡林勇希と、オープン戦の3割打者は軒並み打てていない。調子を維持しているのは阪神の佐藤輝明くらいです。1年間ずっと打てることはないので、単なる不調だと思いますが、中田の場合、昨年から打てていないのでプレッシャーも大きいでしょうし、焦りがさらなる不振を呼んでいるように見えます」

 4番・岡本和真の後ろを打つ『5番・ファースト』で開幕した今季は、2戦目にタイムリーを含むマルチ安打、3戦目に初ホームランとスタートは悪くなかった。しかし、5戦目から4試合連続ノーヒット。4月9日のヤクルト戦では、8回裏無死一、二塁というチャンスで代打・松原聖弥が送られた。

「松原はバント要員だったが、中田の調子が悪くなければ代えられていないでしょう。日本ハム時代には考えられないことです。翌日、中田はスタメン落ちした。その頃から、今まで以上にフルスイングが目立つようになっていた。当たれば飛ぶけど、空振りの確率も高くなる。結果を求めるあまり、さらに不調に陥ったと思います。

 今の中田翔に必要なのはホームランではなく、ポテンヒットでも良いから『H』のランプでしょう。ヒットが出て、打率が安定してくれば気持ちが落ち着く。巨人には岡本和真というホームラン王がいますし、丸佳浩、坂本勇人、ポランコ、ウォーカーと長打のある打者が揃っている。チームの特性上、打率が悪くても一発のある打者より、確実性が求められます。不振の時ほど周りを冷静に見て、自分にできることを模索した方がいい」

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン