スポーツ

移籍組に容赦ない巨人 二軍落ちの中田翔が直面するプロ野球人生の正念場

中田翔のプロ野球人生にとって大きな正念場に(時事通信フォト)

中田翔のプロ野球人生にとって大きな正念場に(時事通信フォト)

 4月22日、巨人の中田翔が登録を抹消された。原辰徳監督は「首の状態があんまりよくないらしいよ。(中田は)弱音は吐かなかったけど、やっぱり万全な体調でね」とかばったが、何より焦っているのは本人ではないだろうか。昨年、日本ハムの4番としてスタートしたが結果を残せず、8月にチームメイトに暴行を働いて謹慎。巨人移籍後も打棒はふるわず、打率1割台でシーズンを終えた。そして、今年も不振にあえいでいる。プロ野球担当記者が話す。

「キャンプ、オープン戦とずっと調子が良かったが、開幕したら下降線を辿った。中田に限らず、ロッテの高部瑛斗、オリックスの福田周平、西武の鈴木将平、広島の小園海斗、中日の岡林勇希と、オープン戦の3割打者は軒並み打てていない。調子を維持しているのは阪神の佐藤輝明くらいです。1年間ずっと打てることはないので、単なる不調だと思いますが、中田の場合、昨年から打てていないのでプレッシャーも大きいでしょうし、焦りがさらなる不振を呼んでいるように見えます」

 4番・岡本和真の後ろを打つ『5番・ファースト』で開幕した今季は、2戦目にタイムリーを含むマルチ安打、3戦目に初ホームランとスタートは悪くなかった。しかし、5戦目から4試合連続ノーヒット。4月9日のヤクルト戦では、8回裏無死一、二塁というチャンスで代打・松原聖弥が送られた。

「松原はバント要員だったが、中田の調子が悪くなければ代えられていないでしょう。日本ハム時代には考えられないことです。翌日、中田はスタメン落ちした。その頃から、今まで以上にフルスイングが目立つようになっていた。当たれば飛ぶけど、空振りの確率も高くなる。結果を求めるあまり、さらに不調に陥ったと思います。

 今の中田翔に必要なのはホームランではなく、ポテンヒットでも良いから『H』のランプでしょう。ヒットが出て、打率が安定してくれば気持ちが落ち着く。巨人には岡本和真というホームラン王がいますし、丸佳浩、坂本勇人、ポランコ、ウォーカーと長打のある打者が揃っている。チームの特性上、打率が悪くても一発のある打者より、確実性が求められます。不振の時ほど周りを冷静に見て、自分にできることを模索した方がいい」

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン