スポーツ

移籍組に容赦ない巨人 二軍落ちの中田翔が直面するプロ野球人生の正念場

中田翔のプロ野球人生にとって大きな正念場に(時事通信フォト)

中田翔のプロ野球人生にとって大きな正念場に(時事通信フォト)

 4月22日、巨人の中田翔が登録を抹消された。原辰徳監督は「首の状態があんまりよくないらしいよ。(中田は)弱音は吐かなかったけど、やっぱり万全な体調でね」とかばったが、何より焦っているのは本人ではないだろうか。昨年、日本ハムの4番としてスタートしたが結果を残せず、8月にチームメイトに暴行を働いて謹慎。巨人移籍後も打棒はふるわず、打率1割台でシーズンを終えた。そして、今年も不振にあえいでいる。プロ野球担当記者が話す。

「キャンプ、オープン戦とずっと調子が良かったが、開幕したら下降線を辿った。中田に限らず、ロッテの高部瑛斗、オリックスの福田周平、西武の鈴木将平、広島の小園海斗、中日の岡林勇希と、オープン戦の3割打者は軒並み打てていない。調子を維持しているのは阪神の佐藤輝明くらいです。1年間ずっと打てることはないので、単なる不調だと思いますが、中田の場合、昨年から打てていないのでプレッシャーも大きいでしょうし、焦りがさらなる不振を呼んでいるように見えます」

 4番・岡本和真の後ろを打つ『5番・ファースト』で開幕した今季は、2戦目にタイムリーを含むマルチ安打、3戦目に初ホームランとスタートは悪くなかった。しかし、5戦目から4試合連続ノーヒット。4月9日のヤクルト戦では、8回裏無死一、二塁というチャンスで代打・松原聖弥が送られた。

「松原はバント要員だったが、中田の調子が悪くなければ代えられていないでしょう。日本ハム時代には考えられないことです。翌日、中田はスタメン落ちした。その頃から、今まで以上にフルスイングが目立つようになっていた。当たれば飛ぶけど、空振りの確率も高くなる。結果を求めるあまり、さらに不調に陥ったと思います。

 今の中田翔に必要なのはホームランではなく、ポテンヒットでも良いから『H』のランプでしょう。ヒットが出て、打率が安定してくれば気持ちが落ち着く。巨人には岡本和真というホームラン王がいますし、丸佳浩、坂本勇人、ポランコ、ウォーカーと長打のある打者が揃っている。チームの特性上、打率が悪くても一発のある打者より、確実性が求められます。不振の時ほど周りを冷静に見て、自分にできることを模索した方がいい」

関連記事

トピックス

5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン