ライフ

大型犬「ピットブル」の逃走続々! 認知症でしつけを忘れていることも

闘犬が逃げ出したら…(写真はピットブル。イメージ)

人間並みの体格の闘犬が逃げ出す騒動が相次いでいるが…(写真はピットブル。イメージ)

 千葉県市川市の動物病院から大型犬「ピットブル」が逃走、周辺住民を不安に陥れたのは、4月6日のことだった。ピットブルは翌朝、警察官が保護。けが人はいなかったが、日本でも大型犬による事故は珍しくない。千葉県では4月22日にも、民家から逃げたドーベルマン4頭が路上で保護される事件があった。専門家からは、一部の飼い主に危機意識が欠如していることを懸念する声もあがっている。

 4月上旬、動物病院から逃げ出したのは、体長約130cm、体重40kgを超える雄のピットブル。飼い主が予防接種のため病院に連れてきたところ、首輪が外れて逃げ出したという。獣医師の石井万寿美氏が語る。

「確保にあたった警察官が『おすわり』と言うと大人しく従ったそうですが、ピットブルはもともと米国で闘犬用に改良された犬種です。人間や他の犬への攻撃性があるので、飼い主や動物病院には厳重な管理が求められます」

 環境省調査によると、令和2年度の犬の咬傷事件は全国で4602件に上った。

 2020年5月には、千葉県の民家から逃げ出した雄のピットブルが近所の住宅敷地内に侵入。住人の60代女性と抱いていた飼い犬の小型犬に噛みついた。女性は腕などに全治約40日の重傷を負い、小型犬は死亡した。

 2015年にはやはり千葉県の住宅街の路上で、体長120cmを超える雄の紀州犬が逃走。通行人を次々と襲う事故が起きた。駆け付けた警察署員が飼い主の了解を得て射殺した。

 いずれも飼い主の不注意が招いた事故といえる。前出・石井氏が指摘する。

「大型犬は力が強く飼育は大変なので、きちんと勉強し、安全管理を行なっている方が大半だと思います。ただ、大型で攻撃的な性格の強い犬への理解が足りない飼い主さんもいます。逃走防止の工夫や、散歩時に必ず首輪とハーネスの両方をつけるなど、事故防止の対策をしましょう。また、犬も老いると認知症を発症することがあり、しつけたことを忘れたり、怒りっぽくなることがあります。『突然鳴きだす』『くるくる回る』など認知症の症状が疑われる場合はさらに注意が必要です」

 茨城県は条例で、ピットブルなど人に危害を加える恐れのある8犬種を『特定犬』に指定。檻の中での飼育の義務化など、管理の厳格化を求めているが、多くの場合は飼い主のマナーやモラル任せになっているのが現状だ。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン