ライフ

【新刊】元ソニー会長・出井伸之氏が明かす逸話の数々『人生の経営』など4冊

book

時代を読む「敏」と企業内起業家精神。冒険した者こそ報われる

 新緑がまぶしいこの季節。フレッシュな気持ちで読書を楽しむのはいかがでしょうか? 注目の新刊4冊を紹介する。

『人生の経営』/出井伸之/小学館新書/880円

著者はソニーの社長や会長を歴任。退任後に会社を興し、84才の今も現役だ。直談判就職、技術者集団と“協歩”したCDやコンピュータの開発、追い出し部屋経験など波乱の逸話も面白いが、印象的なのは14人抜きの社長就任が1995年だったこと。ウィンドウズ95で世界がデジタルとグローバルに舵を切った年。後続世代にエールを送る。定年延長など喜ばず自分の価値を上げろと。

book

生皮をむかれたような性交の記憶。月島の小説への情熱に嘘はないが…

『生皮 あるセクシャルハラスメントの光景』/井上荒野/朝日新聞出版/1980円

小説講座での才能発掘に秀でた月島光一。咲歩は7年前、小説の奥義を授けるかのように月島から男性器を挿入された記憶に苦しみ、週刊誌に彼を告発する。咲歩、月島、月島の妻、芥川賞作家の洋子、〈#被害者は男〉とツイートする男子大学生など、当事者や関係者達の声をバランスよく響かせた多声小説。女性がセクハラに加担する事実から目を背けていない点もさすが著者。

book

30代で書いた『負け犬の遠吠え』。50代でかみしめる非法律婚の滋味

『家族終了』/酒井順子/集英社文庫/660円

5人家族の中、祖母、父、母、兄と逝き、一人残った著者。私的家族史を刻みつつ家族観の社会的変化を体験的に綴る。前者ではB.F.が沢山いた母上の女っぷりが天晴れ。後者では家事をする夫が今や妻の勲章。その妻達は事実婚の著者を“嫁をしなくていいなんて最高”と羨ましがるとか。少子化対策を唱えながら旧弊な家族観に固執するお上。事実婚推奨の著者に共感する。

book

父は処刑され母は自死したドイツの少女。ポツダム会談開催のその日、何が起こる

『ベルリンは晴れているか』深緑野分/ちくま文庫/990円

1945年7月、連合国統治下のベルリン。17才の少女アウグステの恩人が毒死する。彼女は恩人の甥に訃報を伝えようと、ソ連の大尉のそそのかしもあって、泥棒のカフカと共に旅立つ。ナチ、ユダヤ人迫害、孤児や浮浪児、レイプなどの戦争犯罪、ウクライナの地名も出るなど、まさに時宜を得た文庫化。リアルに再現された77年前に“歴史は繰り返す”の愚を思わずにはいられない。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年5月5日号

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン