芸能

『ちむどんどん』好演の上白石萌歌 「姉妹で朝ドラヒロイン」に期待の声

上白石萌歌が朝ドラに登場

上白石萌歌が朝ドラに登場

 NHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』の4月25日放送回から、ヒロイン・黒島結菜が本格登場、その妹役として上白石萌歌もお目見えした。前作『カムカムエヴリバディ』で姉・上白石萌音がヒロインを務めたのに続く妹の朝ドラ登場に、ネット上では「姉妹で朝ドラ出演すごいな」といった声が広がっている。演技の評価も高まっていると、ベテラン芸能ライターが言う。

「沖縄を舞台にした本作には、ヒロインの黒島さんや母親役の仲間由紀恵さんをはじめ地元出身の俳優が多く出演しており、ナチュラルな沖縄ことばを話していますが、萌歌さんは彼女たちに混ざってもほとんど違和感がありません。鹿児島出身ということで近い部分があるのかもしれませんが、歌手でもある萌歌さんは、相当耳がいいのでしょう。

 萌歌さん演じる歌子はシャイな性格ですが、今後歌の才能に目覚めていく予定です。萌歌さんの魅力が存分に発揮される当たり役になるのでは、と注目が集まっています」

 萌歌は現在、日本テレビ系連続ドラマ『金田一少年の事件簿』にもヒロインとして出演しており、大ブレイク中。今後は、姉に続く“快挙”にも期待がかかる。

「この『ちむどんどん』をステップに、萌歌さんが近い将来、朝ドラのヒロインに抜擢されるのではないかという見方が業界内で広がっています。近年の朝ドラでは、重要な脇役を務めたあと、ヒロインに起用されているケースが増えており、なかでもヒロインの妹役から選ばれるのが王道パターンです。

『おかえりモネ』(2021)でヒロインを演じた清原果耶は『なつぞら』(2019年)でヒロイン・なつ(広瀬すず)の妹役でしたし、『まれ』(2015年)の土屋太鳳は『花子とアン』(2014年)で、『おちょやん』(2020年)の杉咲花は『とと姉ちゃん』(2016年)で、それぞれヒロインの妹役を演じていました。今の萌歌さんの人気からすれば、数年のうちに朝ドラヒロインに選ばれる可能性は大いにあり得ます。

 姉妹で朝ドラ出演だけでもすごいのに、ともに朝ドラヒロインとなれば快挙です。かつて石田ゆり子さんとひかりさんの姉妹がテレビ界を席巻したように、今まさに『上白石姉妹時代』が到来しているといっていいでしょう」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン