芸能

ジェジュン 2年3か月ぶりにファンと直接対面「泣きそうになった」

ジェジュン

2年3か月ぶりに来日したジェジュン

 韓国出身のアーティスト・ジェジュンが来日、2年3か月ぶりとなる対面によるファンイベントを行い、昼夜2公演で約1万人のファンと感動の再会を果たした。冒頭で、「泣きそうになった」と語ったジェジュンは、「会場で歌えるって、気持ちいいですね」と感慨深げに会場を見渡し、ファンと喜びを分かち合った(4月14日、『J-JUN THURSDAY PARTY with JAEFANS 2022』、東京・東京国際フォーラム Aホール)。

 1部は、2020年7月に劇場公開された映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』(Netflixで配信中)をひもとくシネマ・コンサートのスタイルで、ストリングスオーケストラとバンドを従え、『FOR YOU』や映画の主題歌『We’re』(韓国語Ver.)などを披露。4曲のバラードを歌い上げ、繊細で力強く透き通った歌声に、会場からはすすり泣く声も聞こえた。

 続く2部では、イベント前日に放送がスタートしたドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』(日本テレビ系)の主題歌『六等星』をファンの前で初披露。『六等星』は、「ジュンスの声も入れたかった」からと、コーラスにジュンスの声を重ね、ファンの感動は2倍に。「ジュンスはミュージカルで忙しかったのに、『六等星』の準備を優先してくれた」と終演後、うれしそうに語った。

 JYJでともに活動したジュンスとの約11年ぶりのユニット曲(ユニット名:J-JUN with XIA/JUNSU)とあって、K-POP界では久しぶりに大きな話題となった。

 例年1月に行っていた誕生日のファンイベント(Birthday Party with JAEFANS)が、今年は3か月遅れで実現。「大事なイベントでは必ず雨が降る」という自他共に認める雨男だが、この日も小雨混じりのあいにくの天気で、ジンクスは健在だった。感染対策のために声援を送れない会場のファンが、拍手とハミングでバースデーソングを合唱。ひと味違った温かい誕生日プレゼントになった。

※女性セブン2022年5月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン