ライフ

鎮痛剤は1週間服用で胃潰瘍になることも 知っておきたい身近な薬の副作用

(写真/Getty Images)

何気なく飲んでいる薬が不調を招くことも(写真/Getty Images)

 頭痛や腰痛、生理痛など女性には痛みに関する悩みや不調がつきものだ。痛みを和らげるうえで大きな助けになる鎮痛剤だが、場合によってはそれ以上の代償を伴うことを知っておきたい。ナビタスクリニック川崎の内科医・谷本哲也さんはいう。

「痛みは客観的に数値化できないため、薬のやめ時がわからず鎮痛剤をのみすぎた結果、副作用が出ることは少なくありません。代表的な症状は胃腸障害です」(谷本さん)

 特に頭痛薬や解熱鎮痛剤に用いられる『NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)系』の鎮痛剤には注意が必要だ。

「ロキソプロフェンやインドメタシン、アスピリンなど多くの鎮痛剤がこのNSAIDs系に分類され、痛みの原因物質である『プロスタグランジン』を抑えることで痛みを和らげます。ところがプロスタグランジンには胃の粘膜を防御する働きもあるため、分泌を抑えられると胃が荒れてしまうことがある。1〜2週間程度服用を続けただけでも、胃潰瘍や胃穿孔になることがあります」(谷本さん)

 銀座薬局代表で薬剤師の長澤育弘さんは、肩こりや腰痛の治療に用いられる『インドメタシン』が持つ血圧を上げる副作用の影響を懸念する。

「40〜50代の高血圧患者に多いのは、腰痛や肩の痛みを取るためにインドメタシンをのんでいたが、服用をやめたら血圧が正常値に戻ったケースです。この薬は血管を収縮させる副作用があるため、高血圧になる人が多いのです。しかしそれが薬のせいだと気がつかずに、健康診断で高血圧と診断され、降圧剤を服用する患者もいます」(長澤さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン