ライフ

体内の菌のバランスを整える「菌活」“菌が働くじゃまをしない”が基本

(写真/GettyImages)

菌活の上手なやり方は?(写真/GettyImages)

 人間の細胞の数は、およそ37兆個。気の遠くなるような数字だが、それをはるかに上回るのが、体にすむ「菌」の数だ。それらは生きるために不可欠な菌。新時代の美と健康のために大切なのは、殺菌でも滅菌でもなく「育菌」なのだ。

 腸内はもちろん、皮膚や髪など、菌は体のあらゆる場所に存在し、人間が食べたものや体から出る皮脂や汗などをエネルギー源にして、人間が生きるために欠かせない働きをしている。こうした「常在菌」の種類は1000以上、数はなんと1000兆個にものぼる。

 一般的に、ビフィズス菌などの人体に有益な働きをする「善玉菌」と、健康を害するO-157などの「悪玉菌」、そしてその時々によっていい働きも悪い働きもする「日和見菌」に分類できる。

 善玉、悪玉、日和見に限らず、より多くの種類の菌がバランスよく、数多く存在するように、菌のバランスを整えることを「菌活」という。常在菌の状態がよくなれば、便秘解消やダイエット効果だけでなく、睡眠の改善、免疫力アップ、美肌・美髪効果、アンチエイジング……と、全身にさまざまなメリットが期待できるのだ。

 その基本はやはり、腸内細菌のバランスを整えること。ヒトの体の常在菌の9割は腸内に存在し、数百種類、約60兆個、重さにして1〜2kgにもなる細菌を花畑にたとえて「腸内フローラ」と呼ばれている。ヒト細菌叢解析の専門家で岡山大学大学院教授の森田英利さんが言う。

「腸内の菌はお互いに関係し合いながらバランスをとっていて、菌の種類が多いほど、腸内環境がいいと考えます。健康な人と病気がある人の腸内環境を調べた結果、病気がある人は菌の種類が少ないことがわかっています」

 なかでも森田さんが注目するのはビフィズス菌だ。健康な新生児の腸内細菌は、9割以上がビフィズス菌。そこから離乳食を起点にさまざまなものを食べることで、少しずつその他の菌が増えていくという。

 森田さんは、奄美群島の高齢者の腸内細菌について調査・研究を行っている。南西諸島にある奄美群島は、100才以上の長寿者が全国平均の3倍以上いる“長寿の島”だ。

「奄美群島の高齢者の腸内フローラは、全国平均と比べてビフィズス菌の数が多いことがわかりました。ビフィズス菌は大腸で酢酸をつくり、腸内バリア機能を強化することによって、腸内の有害物質が体内に吸収されるのを防いでいるのです」(森田さん)

 腸内環境をよくするには、とにかく善玉菌の割合を増やせばいいと思いがちだが、そう単純ではない。菌ケア専門家でKINS代表の下川穣さんが説明する。

「善玉菌と考えられていたものが人体に悪い働きをしたり、悪玉菌だと思われていたものが健康に不可欠だったりと、菌は時代や環境で変化します。ですから、ただ善玉菌を増やすのではなく、多種多様な菌を体内に存在させた方がいい。そのうえで、それらの菌を体の中で育てて、菌が働くじゃまをしないことが、菌活の基本です」

 体の菌を増やして育てる習慣をトレーニングする「菌トレ」が、全身の健康と美しさの秘訣なのだ。

※女性セブン2022年5月12・19日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン