国際情報

米国防総省が新設した「UFO調査」部署 追うのはエイリアンクラフトなのか

なぜ米国防総省は「UFO調査」部署を新設したのか(写真=AP/AFLO)

なぜ米国防総省は「UFO調査」部署を新設したのか(写真=AP/AFLO)

 UFO(未確認飛行物体)問題が再びクローズアップされている。昨年、米当局がこれまで機密扱いとしてきた軍のUFO調査報告を開示。「説明不能」な現象が多数あるとし、ペンタゴン(米国防総省)が調査機を設置することを明らかにした。謎に包まれたUFOは、人類の存続を脅かす異星人の乗り物(エイリアンクラフト)なのか、あるいは政情不安の中で生きる人々の幻想の産物なのか、それとも──。

 昨年6月の米当局による「UFO調査報告」公表は、世界に衝撃を与えた。2004年以降、米海軍などから寄せられた目撃情報を精査し、調査対象144件の大半が「説明不能」だと認めたのだ。同11月には米国防総省が目撃情報を調査する部署を新設するとも発表された。UFO問題に詳しい科学ジャーナリスト・高野誠鮮氏が語る。

「第二次世界大戦後、米当局は『ブルーブック』など公的UFO調査機関を立ち上げつつも、『国家安全保障上の脅威となる証拠はひとつもなかった』とし、1969年12月をもって公のUFO調査研究を打ち切りました。ところが、その後も極秘裏に調査研究が進められていたことが、後に情報の自由化法を基にした訴訟などを通じ判明している。今回、米当局自らが積極的に情報開示に至ったのは、大きな意味があると考えます」

 自国上空を、「正体不明の物体が自在に飛び回っている」と認めるのは、国防・危機管理上、米国には由々しき問題のはずだ。それでも公開したのはなぜか。

「SNS等で情報が拡散し、『存在を隠し通すことが困難』と判断したからでしょう。近年は米国に限らず、旧ソ連やNATO諸国の要職に就く人々が『UFOと宇宙人』問題に言及することが多くなりました」(前出・高野氏)

 2012年には、当時のロシア大統領だったメドベージェフ氏が、露メディアのインタビュー後に「大統領就任直後は『核のボタン』とともに“極秘”と書かれた重要ファイルを預かる。それは、地球に来ている宇宙人のものだ」とオフレコ発言。その時の映像がネットで拡散され、話題となった。

 元カナダ国防相のポール・ヘリヤー氏も退任後、「国防相時代には多数のUFOの目撃報告を受けた。自分は会ったことはないが、少なくとも4種の異星人が地球を来訪していると確信している」とし、物議を醸した。高野氏が語る。

「メドベージェフ氏の発言は、カメラがオフになっていると勘違いして、ぽろっと出てしまった本心だと思います。もともと彼は、UFO情報の公表に積極的でしたが、首相時代はプーチン氏から事実上の更迭という処遇を受けました」

 第二次世界大戦以降、東西冷戦期を通じて、米ソ両国が『UFO』を国防・軍事戦略の最重要課題としていた痕跡は数多くあるという。

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン