ライフ

【著者インタビュー】奥田亜希子さん、夫婦の秘密を描く『求めよ、さらば』を語る

奥田亜希子さん

不妊治療を始めた夫婦のコミュニケーションと秘密を描いた恋愛小説を書いた奥田亜希子さん

【著者インタビュー】奥田亜希子さん/『求めよ、さらば』/KADOKAWA/1760円

【本の内容】
34歳、翻訳家の志織と、ソフトウエア開発会社に勤める誠太は結婚7年目。《誠太は優しい。交際を始めた社会人一年目の四月から、十二年間ずっと。私は彼に傷つけられたことがない》。そんな穏やかな日々が、不妊治療をきっかけに少しずつ形を変えていく。期待をしては絶望する日々。誠太は言う。《僕は志織を支えきれなかったんだなと思うと、申し訳なくて》。そして置き手紙を残して姿を消した—2人の出会いを描いた第2章、そして現在に戻り、再び交わる第3章へ。夫婦の選択が胸に迫る恋愛小説。

「惚れ薬」を使う人、使われる人を書きたかった

 夫婦の間の「秘密」を描く、一風変わった恋愛小説である。志織と誠太のカップルはともに34歳。結婚して7年になり、そろそろ子どもを、と思うが授からない。不妊治療を始めているが、これといった原因はどちらにもない。

 料理もすれば、不妊治療でも妻に寄り添う誠太は、優しい夫だ。志織の女友だちからも「よくできた旦那」「完璧な旦那」と言われるが、ある日、思いがけない行動に出て、志織を驚かせる。小説は3章構成。1章が現在の2人を、2章が出会ったころを描き、3章で再び現在に戻る。

「最初は、ふつうに時系列順に書いていたんです。大学生の志織と誠太は、アルバイト先の居酒屋で出会って、つきあうようになるんですけど、ある程度、書いたところで編集者のアドバイスを取り入れて2章と1章を入れ替えました。ちょっと変わった恋愛小説だと受け取られるのは、そのせいかもしれません」

 なかなか妊娠できない志織は、さまざまなジンクスを試したり、ヒーリングセラピーを受けたりする。

「原因がわからないつらさもあるんじゃないかと思いました。志織は自然妊娠したい気持ちもあって、次の段階に進めない。実際に、原因不明の不妊というのは多いそうです」

 不妊治療の医者がなにげなく言った、「夫婦間の相性」という言葉が、2人の関係に影を落とす。自分以外の相手であれば、と考えさせ、誠太を過去のできごとに引き戻す。

関連キーワード

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン