ライフ

【著者インタビュー】奥田亜希子さん、夫婦の秘密を描く『求めよ、さらば』を語る

「いまは、SNSでいろんな人が声を上げられるので、こういう傷つき方があるんだ、みたいなことを学習するのは、それほど深くない関係の相手との間ではプラスに働く面もあると思います。でも、一対一で深くかかわる相手に、そういう第三者の意見がどれほど意味があるかって考えると、ちょっとわからないですよね」

 タイトルになっている「求めよ、さらば」というのは、新約聖書の「求めよ、さらば与えられん」からとられている。学生時代、志織がバイト仲間に頼まれて英訳した歌詞が、ここからヒントを得て書かれたという設定で、志織と誠太の関係性、2人のこれまでとこれからを象徴するようでもある。

「タイトルは、自分でもうまくハマったなと思います。考えているうちにこの言葉が浮かび、『これだ!』と思いました」

 妊活中の志織は、女友だちの衿子が妊娠したと聞いて動揺し、自己嫌悪にもなる。だがその先、小説では、結婚や出産をめぐって立場の違う3人の女友だちが、1人の妊娠を機にバラバラになる展開にはならない。

「3年前の自分には、こうは書けなかった気がします。他の作家の作品やインタビューを読むなかで、女同士を争わせる、キャットファイト的な展開を安易に選んでいいのだろうかという気持ちが生まれました。結婚しても、パートナーとの関係だけが人生のすべてではないし、志織が成長するなら友だち関係も同時に動くんじゃないかなと思いました」

 これからも、夫婦について書いてみたいそうだ。

「親子やきょうだいと違って、夫婦は家族の中で唯一、自分で選べるじゃないですか。それでもうまくいかないことがある。まだまだいろんな秘密が眠っていると思うんですよね」

【プロフィール】
奥田亜希子(おくだ・あきこ)/1983年愛知県生まれ。2013年『左目に映る星』ですばる文学賞を受賞しデビュー。ほかの作品に『ファミリー・レス』『五つ星をつけてよ』『青春のジョーカー』『愛の色いろ』『愉快な青春が最高の復讐!』『白野真澄はしょうがない』『クレイジー・フォー・ラビット』など。 

取材・構成/佐久間文子 撮影/藤岡雅樹

※女性セブン2022年5月12・19日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ダークで魅惑的なミニーたちにやっと会えた!
板垣李光人と巡る東京ディズニーリゾート・ハロウィーン 3年ぶりに復活!
女性セブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン