ライフ

【著者インタビュー】奥田亜希子さん、夫婦の秘密を描く『求めよ、さらば』を語る

 カギになるのが「惚れ薬」で、2人がつきあうようになる前に、誠太は「惚れ薬」を使ったことがあった。ちなみに、「惚れ薬」の成分は言ってみればただの水で、言うまでもなく効果はないはずだが、誠太はいまだに罪悪感を抱えていて、不確かな民間療法に頼る妻に何も言うことができない。

「今回の小説では、『惚れ薬』を使う人、使われる人を書きたい、という気持ちがあったんです。もし、『惚れ薬』というものがあったとして、私は使うだろうか。多くの人はおそらく使わないと思うけど、もしかしたら、一瞬の心の隙をつかれる人がいるかもしれない。後になって、『使った』と告白された側は、どんな風に受け止めるんだろう。そんなことを、あれこれ考えました。

 デビュー作の『左目に映る星』もずっと片思いをしている人の話で、私は思いつめている人を書くのが好きなんですね。ただ、自分が意図しない部分で『気持ち悪い』と受け取られることもあって、今回は、読者にギリギリ誠太を応援してもらえる範囲になるよう、自問自答しながら書きました」

私は誠太寄りの人間。誠太を書いているときは楽しかった

 志織と誠太は、おたがいに好意を抱いて結婚したにもかかわらず、じつは少しずつ気持ちがすれ違っている。どちらも相手に片思いしているようなのだ。

「書き終わったいまは、コミュニケーションに関する小説になったかな、と思っています。気持ちを伝えることが大事だ、とかそういうことではなくて、伝わるかもしれない可能性に賭けるには、傷つけあうリスクがあります。そういう風なことを、書きながら再確認しました」

 志織は異性に人気のあるタイプだが、帰国子女で、子どものころいじめに遭ったことがある。他の人に言えなかった経験も誠太には自然に話せた。そんな志織の思いを知らず、誠太は自分に自信が持てない。

「自分に自信が持てないことが巻き起こす悲喜劇ですね。登場人物にはそれぞれ自分の一部が投影されていて、志織の視野が狭くなりがちなところは私のそういう部分が出ています。でも、基本的に私は誠太寄りの人間で、自分の夫が私を好きでいてくれるのも、私がどこかで魔法でも唱えたりしたんじゃないかと思うほうです(笑い)。だから誠太を書いているときは楽しかったですね」

 友だちのいない誠太は、ネットの恋愛相談を読むことで、人生を「予習」できると考えたりする。

関連キーワード

関連記事

トピックス

熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ダークで魅惑的なミニーたちにやっと会えた!
板垣李光人と巡る東京ディズニーリゾート・ハロウィーン 3年ぶりに復活!
女性セブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン