国際情報

大戦中に目撃された謎の飛行物体「フー・ファイター」正体解明は米ソの課題

「フー・ファイター」とは何だったのか(イメージ。Getty Images)

「フー・ファイター」とは何だったのか(イメージ。Getty Images)

 昨年、アメリカ・国防総省がUFO(未確認飛行物体)について調査する組織を設置し、再びUFOへの関心が高まっている。そうした中で注目されているのが、「フー・ファイター」の存在だ。第二次世界大戦中、連合国軍の戦闘機パイロットが欧州、太平洋上空で目撃した“正体不明の飛行物体”を指す用語である。当時の戦闘機では考えられない高速、不規則な動きで飛行、時には哨戒・迎撃にあたる戦闘機を追尾する動きもあり、連合国軍パイロットには「ナチス・ドイツの新兵器」を疑う声もあった。

 開戦当初、ドイツの工業力、軍需産業は世界有数のレベルにあり、連合国軍のパイロットは“得体の知れない”フー・ファイターとの遭遇を最も恐れていたとされる。

「フー・ファイターと呼ばれる飛行物体は、実は旧日本海軍のパイロットも目撃しています。通常の戦闘機・爆撃機とは明らかに違い、金属で覆われた球状の物体で、敵対行動や攻撃を仕掛けてくるわけでもない。『自機にまとわりつくように追尾し続けるが、こちらが戦闘行動に移ると急角度で方向転換、たちまち姿を消した』という証言もありました」(軍事ジャーナリスト)

 UFO問題に詳しい科学ジャーナリスト・高野誠鮮氏が語る。

「ナチス・ドイツ政権下でV2ロケットの開発に携わったヘルマン・オーベルト博士にも話を聞きましたが、当時のドイツが連合国軍を脅かす軍事技術を持っていたことは明らかです。

 フー・ファイターを米国の特殊兵器と考えたヒトラーが、『我が国でも同じ兵器を作れ』と命令したとの証言もあります。だが、水銀を使った技術で重力制御を行なう試作機は完成したものの、実戦投入には至らなかった。旧日本軍パイロットの証言などからも、人類がフー・ファイターを作ったとは考えにくい」

 そうした中、米・カリフォルニア州で「ロサンゼルスの戦い」として語り継がれる事件が発生する。

 1942年2月、ロス上空に数十機の未確認飛行物体が出現。米軍が対空砲で応戦したが、一機も墜落できず、謎の物体は飛び去ったという。日本軍の関与が否定されると、UFO襲来説が囁かれた。

 こうした各種の証言、記録から、少なくとも第二次大戦時代には「未確認飛行物体」が各国に軍事的脅威として認識されていたことがわかる。

 大戦後、米ソ両国に残された最大の課題のひとつは、「フー・ファイターの正体解明」にあった。それが、安全保障にかかわる問題と考えたからだろう。

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン