芸能

島田洋七 がばいばあちゃんが作った「高菜の油炒めと卵かけご飯」の思い出

高菜の油炒めは、約5mmに切った高菜漬けを一度洗って水けを切り、しょうゆと味の素、ごま油を加えて炒め、すりごまを振る。卵かけごはんは、麦が3割混じった白米に生みたての卵をのせてしょうゆをかけた、至極シンプルな一品

高菜の油炒めと卵かけご飯は、がばいばあちゃんの思い出の料理(撮影/鈴木江実子)

 幼い頃に戦中、戦後を過ごした人に、思い起こされる「人生最初のごちそう」。 日本が決して豊かではなかった時代、“最初の晩餐”は何であったのか。当時のエピソードと ともに、思い出の料理を完全再現。“おいしい”の記憶と共によみがえる物語とは──。漫才師・島田洋七(72才)に聞いた。

祖母と初めて会った日に一緒に食べた手料理

 島田さんが佐賀県佐賀市に住む“がばいばあちゃん”ことサノさんに預けられたのは、小学2年生のとき。原爆の被害が色濃く残る広島で共に暮らしていた母親が、息子の教育環境を考えて下した決断だった。

「ほぼ初対面のばあちゃんと初めて食べたのが、高菜の油炒めと卵かけご飯でした。高菜の油炒めを有田焼の大皿から取り分けながら、『俺この人と暮らすんや』と実感が湧いたのを覚えています」(島田さん・以下同)

 佐賀で待っていたのは、極めて質素な暮らし。器は当時の佐賀では当たり前に使われていた有田焼だったが、高菜や鶏は庭で育てたもの。そのほかの食料は、近くの多布施川の支流に流れてくる半分傷んだ野菜や果物を集めて使っていた。

「驚くほど貧乏でしたが、工夫を凝らして賢く生きていたし、冗談をよく言う面白いばあちゃんだったので毎日笑顔が絶えませんでした。僕が漫才師になるきっかけは、なんでも笑い飛ばすばあちゃんとの暮らしにあった気がしますね」と振り返る。

 15才で広島に戻るまで、少年時代のほとんどを過ごした佐賀での生活は、島田さんにとって「普通では体験できない、ものすごく楽しい日々」であった。

 高菜の油炒めは、約5mmに切った高菜漬けを一度洗って水気を切り、しょうゆと味の素、ごま油を加えて炒め、すりごまを振る。卵かけご飯は、麦が3割混じった白米に生みたての卵をのせてしょうゆをかけた、至極シンプルな一品。

島田洋七さん

島田洋七さん(提供写真)

【プロフィール】
島田洋七/1950年に広島県で生まれ、小中学校時代を佐賀で過ごす。80年代の漫才ブームを牽引した漫才コンビ「B&B」の一人。自伝的小説『佐賀のがばいばあちゃん』(徳間書店)はシリーズ1000万部を超える大ベストセラーに。現在は51才のときに移住した佐賀で生活する。

※女性セブン2022年5月12・19日号

祖母・サノさんは、すらっと背が高く、色白で美しい女性だった

祖母・サノさんは、すらっと背が高く、色白で美しい女性だった(提供写真)

島田少年と母・秀子さん。秀子さんは必死に働きながらも島田さんを気にかけ、文通を続けていた

島田少年と母・秀子さん。秀子さんは必死に働きながらも島田さんを気にかけ、文通を続けていた(提供写真)

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン