国際情報

UFO墜落のロズウェル事件、公式見解は「気球の落下物」だが消えぬ疑問の声

キューバ危機を回避したケネディは、全世界に向けUFO情報の公開を検討していたとされる(写真/AFP)

キューバ危機を回避したケネディは、全世界に向けUFO情報の公開を検討していたとされる(写真/AFP)

 UFO(未確認飛行物体)問題がいま再び注目されている。昨年6月、米当局が軍のUFO調査報告を開示。「説明不能」な現象が多数あるとし、ペンタゴン(米国防総省)が調査機関を設置することを明らかにした。振り返れば、第二次大戦以降、東西冷戦期を通じて、米ソ両国はUFO問題の解明を国防・軍事戦略の重要課題として位置づけていた歴史がある。

 終戦後、最大の「UFO事件」とされるのが、いわゆる“ロズウェル事件”だ。1947年7月、米・ニューメキシコ州にUFOが墜落、異星人の死体が回収されたとみられる事件で、今日に至るまで論争が続いている。米当局の公式見解は「軍事調査気球の落下物」だが、疑問視する声も多い。UFO問題に詳しい科学ジャーナリスト・高野誠鮮氏が語る。

「当時、当局の発表は二転三転しています。実はこの時、米国は回収したUFOのテクノロジーを分析し、いち早く実用化しようと考えたのではないか。そうした動きが、後に公開された各種公文書、関係者の証言からも読み取れるのです」

 この一件により、米国民のUFOへの関心は高まる。米軍にも公的調査機関が設置されたが、確たる成果は得られなかった。ただし、それはあくまで「表向きの発表」だと高野氏は指摘する。

「その後、米空軍士官学校の教科書に『実に不愉快だが、彼らは5万年以上前から地球に来ている。現時点で、少なくとも3~4種の異なったエイリアンが飛来している』と記述するようになった。UFOが正体不明の飛行物体ではなく、少なくとも米軍関係者には“エイリアンクラフト”として認識されるようになったのです。原水爆以上の国防機密と言えるのでしょう」

 米ソが軍拡を推進して緊張が高まった時代でもあった。1962年、「キューバ危機」が発生し、「第三次世界大戦」勃発が現実味を帯びた。

 時の米大統領はJ・F・ケネディ。キューバ危機回避後は、宿敵・旧ソ連との宇宙開発にもしのぎを削った。

 米国は、1961年に有人宇宙飛行に成功した旧ソ連の後塵を拝したものの、ケネディ肝いりの「アポロ計画」で人類初の月面着陸に成功。1972年まで計6回の有人探査を行なった。ここで注目すべきは歴代宇宙飛行士の交信記録に残された、UFO・異星人との遭遇を連想させる肉声だ。

〈月にはサンタクロースがいた〉〈また“訪問者”が来た〉〈奴らは、われわれを監視している〉──。

「UFO情報」公開を進めようとしたともいわれるケネディは、月面着陸成功を待たず、暗殺されている。

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン