芸能

デビュー50周年の松任谷由実 結婚、休養、楽曲提供…時代を作った80~90年代

ユーミン

デビュー50周年を迎えるユーミンこと松任谷由実(写真/共同通信社)

 松任谷由実の音楽を聴くと、そのときの自分、隣にいた相手、一緒に行った場所や会話まで思い出す。昭和、平成、令和のいまも、常に第一線で活躍し続けている彼女は、どんな道のりを歩んできたのだろうか。デビュー50周年を迎えるいま、彼女と親交のある人々の証言とともに、振り返ってみよう。【全3回の2回目】

1980〜1990年代 あらゆるブームはユーミンから始まった

 荒井由実時代に作り出した歌の世界は、常に斬新だった。デビュー当時からユーミンと付き合いがある音楽評論家で尚美学園大学副学長の富澤一誠さんはこう話す。

「たとえば5枚目のシングル曲『ルージュの伝言』(1975年)では、これまでだったら“口紅の伝言”とするところをルージュにしている。また、当時のフォークソングでは“銭湯”と表現しそうなところを“バスルーム”に置き換えている。そんなところから、ユーミンは大きく時代を変えたんです」

 当時の若者にユーミンの言葉は新鮮に映ったに違いない。その証拠に、当時発売された『やさしさに包まれたなら』は不二家のCM曲になり、『あの日にかえりたい』が秋吉久美子(当時21才)主演のドラマ『家庭の秘密』(1975年、TBS系)の主題歌に起用されてヒットするなど、瞬く間に世間に浸透していく。

 そんなユーミンに大きな転機が訪れたのが1976年。音楽プロデューサーで、曲のアレンジも手がけていた松任谷正隆氏と結婚を発表したのだ。

 ふたりの結婚式は11月29日。神奈川県横浜市のカトリック山手教会で行われた。披露宴の司会は、ユーミンの名を世に広めたTBSアナウンサーで、名物ラジオDJだった林美雄さん(享年58)だった。式の途中で林さんの口から告げられたこの言葉に、参列者たちは驚いたという。

「これから荒井由実はすべて松任谷由実の名で仕事します」

 こうして、シングル『翳りゆく部屋』とアルバム『14番目の月』(いずれも1976年)を最後に、荒井由実から松任谷由実に名を変え、ユーミンは第二の人生をスタートさせる。

 本誌・女性セブンにユーミンは当時のことを詳細に語っている。

《新居は練馬。橋幸夫さんの家の近くです。(間取りと家賃は)3LDKのマンションで、家賃はナイショ。そんなに高くはないわよ(本誌の調査では15万円)。》

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン