国際情報

有名「UFO写真」のトリック アダムスキー、マイヤーに世界が騙された歴史

マイヤー氏が撮影したという鮮明なUFO写真。画像解析でトリックが見破られた(写真/AFLO)

マイヤー氏が撮影したという鮮明なUFO写真。画像解析でトリックが見破られた(写真/AFLO)

 昨年、アメリカ・国防総省がUFO(未確認飛行物体)について調査する組織を設置し、再びUFOへの関心が高まっている。冷戦時代から、米ソがその正体を解明しようと躍起になっていたのは事実だが、“真偽”が入り乱れるからUFO問題は複雑だ。UFOのイメージと言えば、円盤に3つの着陸ギアが付いた「アダムスキー型」を連想する人が多いだろう。名称の由来となったのは、ポーランド系米国人のジョージ・アダムスキー氏。

 1950年代初頭、アダムスキー氏は「空飛ぶ円盤」との遭遇を主張。その後、「証拠」とするUFO写真を次々と公開し、世間の注目を浴びた。同氏はUFOに乗り地球に飛来した「金星人」とコンタクトしていることを明かし、次々とベストセラーを世に送り出した。

 当時、米ソは宇宙開発競争に乗り出していたが、米探査機の「マリナー2号」が1962年に観測に成功するまで、金星は“未知の惑星”だった。太陽系に地球外知的生命体が存在する可能性を信じる人は少なくなかった。

 だがその後、アダムスキー氏が撮影したとされるUFO写真やフィルムに多数のトリックが指摘された。同氏は確たる説明をしないまま1965年に死去している。

 1970年代に入り、アダムスキー氏と同様に「宇宙人とのコンタクティ」を自称するスイス在住のビリー・マイヤー氏が注目を集めた。同氏は地球から約440光年離れた「プレアデス星人」との交流を主張。1000点以上に及ぶ鮮明なUFO写真・映像を公開した。こちらも同様に数々の偽造が指摘されているが、マイヤー氏は認めていない。

 昭和、平成にかけ、数々のUFO番組を担当した民放テレビ関係者はこういう。

「かつては視聴者などから持ち込まれた映像を見て、われわれプロが“すごい”“面白い”と思えば、そのまま番組で流していました。でも、現代は、素人でも簡単に画像や映像を加工できる。最近は、CGで作ったUFO映像を持ち込む人もいますし、見た時の驚きも薄れた。UFOはじめ、いわゆる“オカルト特集”がテレビで減っているのは、そうした事情もあるんです」

 英国を中心に穀物畑に現われた「ミステリーサークル」も、異星人との関連を指摘されたが、その大半が「いたずら」だったことが判明している。

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト