国際情報

有名「UFO写真」のトリック アダムスキー、マイヤーに世界が騙された歴史

マイヤー氏が撮影したという鮮明なUFO写真。画像解析でトリックが見破られた(写真/AFLO)

マイヤー氏が撮影したという鮮明なUFO写真。画像解析でトリックが見破られた(写真/AFLO)

 昨年、アメリカ・国防総省がUFO(未確認飛行物体)について調査する組織を設置し、再びUFOへの関心が高まっている。冷戦時代から、米ソがその正体を解明しようと躍起になっていたのは事実だが、“真偽”が入り乱れるからUFO問題は複雑だ。UFOのイメージと言えば、円盤に3つの着陸ギアが付いた「アダムスキー型」を連想する人が多いだろう。名称の由来となったのは、ポーランド系米国人のジョージ・アダムスキー氏。

 1950年代初頭、アダムスキー氏は「空飛ぶ円盤」との遭遇を主張。その後、「証拠」とするUFO写真を次々と公開し、世間の注目を浴びた。同氏はUFOに乗り地球に飛来した「金星人」とコンタクトしていることを明かし、次々とベストセラーを世に送り出した。

 当時、米ソは宇宙開発競争に乗り出していたが、米探査機の「マリナー2号」が1962年に観測に成功するまで、金星は“未知の惑星”だった。太陽系に地球外知的生命体が存在する可能性を信じる人は少なくなかった。

 だがその後、アダムスキー氏が撮影したとされるUFO写真やフィルムに多数のトリックが指摘された。同氏は確たる説明をしないまま1965年に死去している。

 1970年代に入り、アダムスキー氏と同様に「宇宙人とのコンタクティ」を自称するスイス在住のビリー・マイヤー氏が注目を集めた。同氏は地球から約440光年離れた「プレアデス星人」との交流を主張。1000点以上に及ぶ鮮明なUFO写真・映像を公開した。こちらも同様に数々の偽造が指摘されているが、マイヤー氏は認めていない。

 昭和、平成にかけ、数々のUFO番組を担当した民放テレビ関係者はこういう。

「かつては視聴者などから持ち込まれた映像を見て、われわれプロが“すごい”“面白い”と思えば、そのまま番組で流していました。でも、現代は、素人でも簡単に画像や映像を加工できる。最近は、CGで作ったUFO映像を持ち込む人もいますし、見た時の驚きも薄れた。UFOはじめ、いわゆる“オカルト特集”がテレビで減っているのは、そうした事情もあるんです」

 英国を中心に穀物畑に現われた「ミステリーサークル」も、異星人との関連を指摘されたが、その大半が「いたずら」だったことが判明している。

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン