ライフ

モーツァルトの楽曲が身体に与える効果とは 免疫音楽療法の権威が解説

モーツァルトの楽曲が体にどう作用する?(イメージ。Getty Images)

モーツァルトの楽曲が体にどう作用する?(イメージ。Getty Images)

 モーツァルトの楽曲を聞くと、体にどのような効果があるのか──。免疫音楽療法の権威である和合治久氏に“4000Hzの神秘”について聞いた。

 * * *
 モーツァルトの曲を10分ほど聴いていると、体がポカポカして唾液が出てきます。こうした生体反応はごく自然なもので、免疫学的に解明されています。

 脳の中心部にあって「命の座」と呼ばれ、五感を司る脳幹部は、自律神経との関係が深い部位です。生体反応は、この脳幹部の一部である延髄が音楽で刺激され、副交感神経が優位に働くことで生じます。副交感神経は緊張を和らげる神経ですが、健康にとって重要なのは、副交感神経と緊張を高める交感神経のバランスを保つことです。

 現代社会で多くの人が抱えるストレスは、交感神経を過敏にさせ、心身を過剰な活動モードにします。交感神経の優位が続けば、血圧や血糖値が上昇して血管が収縮し、血流が悪くなり脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高めます。

 また、脳に栄養や酸素が行き届かなくなることで、脳に溜まった老廃物を排出しにくくなり、記憶を司る細胞に影響が出ます。物事を忘れやすくなり、放っておくと軽度認知障害から、やがては認知症を発症することになります。

 モーツァルトの楽曲には4000Hzの周波数が多く、この周波数は延髄を刺激し、副交感神経にスイッチを入れる特性があります。血行がよくなるから体がポカポカしてくるのであり、唾液が出ることで、分泌されるIgAという免疫物質が口に入ってくる病原体やウイルスを撃退してくれます。

 ほかにも、がん細胞を攻撃する免疫細胞を活性化させたり、糖尿病患者に必要なインスリンの分泌を促すなど、副交感神経を刺激することで得られるメリットはたくさんあります。

 気が向いたときに聴くのもいいのですが、できれば1日3回、朝、昼、晩にそれぞれ20分ずつ聴いてみてください。

【プロフィール】
和合治久(わごう・はるひさ)/1950年生まれ、長野県出身。京都大学にて理学博士取得。専門は比較免疫生物学、免疫音楽医療学。各地で講演や音楽セラピーコンサートを開催している。『免疫力を高めるアマデウスの魔法の音』など著書多数。

『癒やしのモーツァルト 脳を活性化する4000Hz』

『癒やしのモーツァルト 脳を活性化する4000Hz』


■『癒やしのモーツァルト 脳を活性化する4000Hz』(2200円+税)
脳を活性化させ、健康維持が期待できるモーツァルトの楽曲をセレクトした、和合氏慣習の音楽療法CD。
【全10曲視聴可能】
https://lnk.to/active_brain_mozart

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン