芸能

松任谷由実がデビュー50周年 コロナ禍の閉塞感の中、創作を通して見据えた未来

(写真/時事通信フォト)

2019年11月のスキー開幕イベントでは『恋人がサンタクロース』を熱唱(写真/時事通信フォト)

 松任谷由実の音楽を聴くと、そのときの自分、隣にいた相手、一緒に行った場所や会話まで思い出す。昭和、平成、令和のいまも、常に第一線で活躍し続けている彼女は、どんな道のりを歩んできたのだろうか。デビュー50周年を迎えるいま、彼女と親交のある人々の証言とともに、振り返ってみよう。【全3回の3回目】

2000年代以降 常に時代の一歩先を行き、コロナ禍でも未来を見据える

 バブル絶頂期に製作された『私をスキーに連れてって』の主役には、原田知世と三上博史(年齢非公表)が起用され、スキー場で出会う男女の恋物語に。主題歌はユーミンの『サーフ天国、スキー天国』、挿入歌には『恋人がサンタクロース』や『BLIZZARD』が起用され、映画が公開されると、若者の間でスキーブームが起こり、ユーミンは、「若者のカリスマ」「恋愛の教祖」などと呼ばれるようになる。

 1990年代以降になると、バブルが崩壊し、日本経済にかげりが見え始めるが、ユーミンはますます勢いを増していく。デビュー当時からユーミンと付き合いがある、音楽評論家で尚美学園大学副学長の富澤一誠さんはこう分析する。

「サウンドもどんどん洗練されて、気持ちを盛り上げるようなものが中心になりました。ユーミンの音楽を聴くと元気になる。時代が彼女をさらに求めるようになり、ドラマや映画、CMのタイアップもどんどん増えていきました」

 そして、相変わらず最先端を行く彼女のファッションにも注目が集まる。ファッション評論家の生駒芳子さんはこう話す。

「ユーミンはパリやミラノの最先端モードとスポーティーでストリートなものを自在にミックスさせて、唯一無二のスタイルを確立させました。まさに彼女はファッションの魔法使い。こんな素敵な組み合わせができるのかといった夢があふれるようなスタイルを見せてくれ、誰もが魅了されたのです」

 1990年代後半には“派手なことをするのが好き”なユーミンが新たな試みを始める。

「バブル経済崩壊で、日本中が落ち込む中、積極的にほかのアーティストとコラボレーションをするようになりました。当時はまだなかった新しい活動を始めたところが、一歩先を行くユーミンらしいと思いました」(富澤さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト