国際情報

ロシアのウクライナ侵攻「侵略の成功」か「核使用」か…2つの最悪シナリオ

プーチン大統領の暴走はどこへ向かうのか…(写真/EPA=時事)

プーチン大統領の暴走はどこへ向かうのか…(写真/EPA=時事)

「ウクライナ戦争の転換点になる」と言われてきた5月9日──ロシアにとって重要な対独戦勝記念日を迎え、プーチン大統領の暴走はどこへ向かうのか。新たなステージに突入した戦争の展開について、小泉悠氏(東京大学先端科学技術研究センター専任講師)に話を聞いた。

 * * *
 第二次世界大戦でドイツに勝利した5月9日は、現代のロシアで「第2の建国記念日」のように位置づけられている。“特別な日”にしたのは、プーチン大統領だ。

 大統領就任後は毎年、大規模な軍事パレードを実施。大国・ロシアには様々な人種が混在し、宗教も多様だ。国家をまとめるために、「我々はナチスを倒した仲間だ」という物語が必要だった。

 ただ、首都キーウは落とせず、ロシア軍の旗色はよくない。当初は5月9日に“勝利宣言”をするとみられていたが、むしろウクライナ侵略を「特殊軍事作戦」としてきたプーチン氏が、「これからが本当の戦争だ」と言い出してより巨大な兵力を動かすことが危惧される。

 東部でロシア軍の本格的な攻勢が始まれば、真っ平らな地形のため大規模な部隊同士の衝突になる。第二次大戦の独ソ戦で「史上最大の戦車戦」と呼ばれた1943年のクルスクの戦いも、この地域で展開された。ウクライナ側の抵抗も激しくなり、完全な力比べになる。

 西側諸国がウクライナに大砲や対戦車兵器を提供し始めたのは、ロシアが東部の戦闘に集中すると言ったのとほぼ同時。つまり、西側も強大な火力を提供しないと、ロシア軍に完全に打ち負かされてしまうと考えている。ここで敗れれば、ウクライナはドニエプル川の東側の国土を失いかねない。

 プーチン氏の戦争宣言の結果、ロシアの侵略が成功してしまうこと。それが、今後の最悪シナリオのひとつだ。

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン