ライフ

五月病に悩む若手社員へ 「トリセツ」シリーズ黒川伊保子氏が語る「他人との距離感の掴み方」

薫風とは裏腹に…(イメージ)

薫風とは裏腹に…(イメージ)

 最大で10連休となった今年のゴールデンウィークが明けた。コロナ禍で迎える3度目のこの季節、全国の新入社員たちを悩ませているのが「五月病」ではないか。先日、『45cmの距離感 -つながる機能が増えた世の中の人間関係について-』(WAVE出版)を上梓したエッセイストの小林久乃氏が、『トリセツ』シリーズで知られる脳科学者・黒川伊保子氏に五月病を緩和する方法について聞いた。

 * * *
 春先から乱高下気味の気温が続き、私自身、心身が疲弊していたように思う。人間はロボットではなく、日本人なら四季に触れ、日本らしい行事を体感しつつ生活をしている。だからこそ今、5月の気持ちが良い気候は愛おしい。また今年も酷暑になるのだろうか。夏前のウォーミングアップのような気持ちである。

 ただこんな爽やかな結論でいるのは私だけかもしれない。5月といえば……これまた日本の風物詩と言われる、五月病のシーズンでもある。連休が明け、あちこちから「仕事に行きたくない」という声が聞こえてくる。

 五月病は正式な医学用語ではないが、就職や入学などで4月から新しい環境での生活をスタートさせた人が、その緊張やストレスから、5月の連休明け頃に「無気力」や「不安感」が強い状態が続くことを指す。

 一人で飲んでいると「周囲とどんなふうに合わせていいのか分からないから、もう辞めようと思うんです」と若者から相談をされたりする。はたまたSNSでは「3日で辞めて、これからはブログを書いてフリーランスで働こうと思います!」という猛者(?)も見かけた。とにかくそういった声が多い。会社員ではない私のところにまで届くのだから、Z世代の間ではもっとハードな会話が交わされているはずだ。

 会社を辞めるのが悪いとは言わない。ただ、それが“五月病”的な衝動によるものだとすれば、なんだか少しもったいないような……? との考えが膨らんできた。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン