国際情報

キーウで営業再開の花を売る女性「ミサイル当たったら運命、怖いという気持ちない」

花を売るハリナさん(写真撮影/水谷竹秀氏)

花を売るハリナさん(写真撮影/水谷竹秀氏)

 長引くロシアによるウクライナ侵攻。ミサイル攻撃を受けた首都キーウはどうなっているのか。現地からノンフィクションライターの水谷竹秀氏がレポートする。

 * * *
 高層アパートの3階部分までが大破していた。道路に面した窓側一面は吹き飛んで空洞と化し、鉄筋はぐにゃぐにゃに折れ曲がっている。爆風の影響で、周辺のアパートの窓ガラスも粉々に砕け散っていた。ロシア軍によって4月28日夜、ミサイルが撃ち込まれたウクライナ首都キーウの現場だ。翌日夕方に訪れてみると、規制線の中にはまだ警察官2人が残っていた。

 報道によると、このミサイルで、アパートの住人ら10人が負傷、1人が死亡した。キーウでは28日、国連のグテーレス事務総長とゼレンスキー大統領の会談が行なわれていた。

 キーウ中心部はここ最近、歩行者の数が多くなり、飲食店も次々と営業を再開している。まさしく日常が戻りつつある中でのミサイル攻撃だった。現場は地下鉄のルキアナフスカ駅に近く、付近は3月半ばにもミサイルが撃ち込まれた。にもかかわらず路上では、頭巾をかぶったおばさんたちが、色とりどりの花々や野菜を売っていた。

 戦争勃発後、孫のアパートに一時避難していたというハリナさん(68)は、3月上旬から花を売り始めた。路上には真っ赤なチューリップや白い水仙などが並ぶ。

「花畑のオーナーに頼まれてここで売っています。戦争だから花がなかなか売れないみたい。この周りは知り合いばかりだから働きやすいわよ。一般の客だけでなく、兵士も買いに来てくれます。階級の高そうな兵士がまとめ買いしてくれることもありました」

 ハリナさんの1日の売り上げは300~600フリヴニャ(約1300~2600円)。商売をしている期間、ミサイル攻撃は直接的には目撃していない。いずれも営業時間外だったためだ。

「だからそんなに怖いという気持ちはないかな。まさか命までは狙われないでしょう。私は年も取っているから、もしミサイルが当たったら運命だと思うわよ。運命からは逃げられないからね」

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン