ライフ

藤井聡太竜王、会食時も「ひたすら将棋の話」 師匠と宿敵が明かす素顔

永瀬拓矢王座(左)と師匠の杉本昌隆八段に藤井聡太竜王の「強さの本質」を聞く

永瀬拓矢王座(左)と師匠の杉本昌隆八段に藤井聡太竜王の「強さの本質」を聞く

 新年度を迎え、藤井聡太竜王(19)はタイトル戦の対局が続く。4月末には叡王の防衛戦が開幕し、6月からは研究パートナーであり、宿命のライバルとも言える永瀬拓矢王座(29)との初タイトル戦となる棋聖戦が始まる。大一番を前に藤井竜王の師匠・杉本昌隆八段(53)と永瀬王座に、若き天才棋士の「強さの本質」を聞いた。〈司会・構成/大川慎太郎(将棋観戦記者)〉【前後編の前編】

 * * *
 最強棋士として将棋界に君臨する藤井聡太。19歳で五冠に輝き、8つあるすべてのタイトルを制覇する勢いである。藤井が活躍すればするほど、根本的な疑問が膨らむ。なぜ、藤井聡太はこれほど強いのか。他の棋士と何が違うのか。藤井をいちばんよく知る棋士は、師匠の杉本昌隆八段だ。藤井が何者でもなかった幼少期から接し、濃い師弟関係を結ぶ。藤井と最も対局している棋士は永瀬拓矢王座だ。2017年から藤井と練習パートナーという間柄で、これまで軽く100局以上は指している。タイトルホルダーの永瀬は、藤井の強烈なパンチを受け止めることができる数少ない存在だ。強者こそが強者を知るのである。藤井聡太と最も深い関係を持つ2人が、不世出の最強棋士について縦横無尽に語り合った。

──藤井さんと研究会をするようになったきっかけを教えてください。

永瀬:17年にネット配信で「炎の七番勝負」という企画がありました。藤井さんと7人の棋士を対戦させる企画で、その中の一人に私も選ばれました。結果は私が勝ったんですけど、その対局で強く印象に残ることがあったんです。藤井さんは序盤から時間をたっぷり使って考え続けました。急所の終盤戦に時間を残すのが普通なのに、当時14歳という若さにもかかわらず一切妥協する姿を見せなかったんです。

──その姿を見て、練習将棋の相手になってほしいと思ったのですか?

永瀬:はい。その後に藤井さんのメールアドレスをある方から聞いて申し込みました。当時の私はタイトル挑戦を1回経験していました。実際にタイトルを獲得するにはあと一押しが必要だと感じていて、起爆剤が欲しかった。それで藤井さんにお願いしたんです。

杉本:「永瀬先生と研究会をやることになりました」と連絡がきたので、「名古屋にある私の研究室を使ったら」と提案しました。将棋会館は東京と大阪にあるので、愛知県在住の藤井竜王は練習相手がいません。よくぞ東京から来てくれたと思いました。

―─研究会の日のスケジュールを教えてください。

永瀬:朝10時から始め、1局指してお昼を食べます。それから2局指すと夜の8時くらいになるので、夕飯を一緒に食べると東京に帰る電車はいつも終電ギリギリですね。

100%の集中と「忘れ物」

杉本:2人は顔を合わせると雑談もせずにすぐ対局を始めるんです。

永瀬:雑談する文化がないんです。実際の対局でもしないじゃないですか。

杉本:永瀬さんと藤井竜王は練習将棋でも公式戦となんら変わりません。研究会を調整として指す人もいるし、練習将棋で粘るのは相手に失礼だという考え方もある。でもこの2人は競り合った内容で延々と秒読みが続いて、なかなか終わらない。

永瀬:そうですね。持ち時間が双方30分なので1時間半から2時間以内に終わるのが普通ですが、3時間以上かかったこともありました。

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト