芸能

急逝した上島竜兵さんは芸人としてその役を見事に全うした

「心を最後にパッと明るく」とコメントしていた上島竜兵さん

屈託のない笑顔を見せていた上島竜兵さん

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、突然の訃報が伝えられたお笑い芸人の上島竜兵さん(享年61)について。

 * * *
 このような訃報に接すると「なぜ」という言葉しか出てこない。だがその問いに答えを求めているわけではない。理由を知りたいわけでもない。ただただ「なぜ」と思うだけだ。

 お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さんが5月11日の未明に亡くなられた。3日には、俳優の渡辺裕之さん(享年66)が亡くなられたばかりだ。芸能界の相次ぐ突然の訃報に接し、元気に活躍していた姿が思い浮かんでくる。

 上島さんはリアクション芸の第一人者だった。アツアツのおでんを顔につけられたり口に突っ込まれるおでん芸、熱いお湯の上にまたがり「押すなよ」と決めセリフを言いながら落とされる熱湯風呂、むちゃぶり後の「どうぞどうぞ」、ケンカの後のキス芸など、3人の息の合った芸は、毎回、何がどうなるのか分かっているのに笑ってしまう面白さがあった。

 コロナ渦でイベントなどの開催が難しくなり、彼らのような身体を張ったリアクション芸を演じるのが難しくなっていたというが、ここ数年は俳優としても活動し、数々のドラマで芸人の時とは違う多彩な顔を見せていた。それでもやはり、「聞いてないよぉ」というギャクの時のように、いつも元気すぎるぐらいの陽気で明るい芸人としての屈託のない笑顔を思い出す。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン