ライフ

俳優・升毅が伝授する!白ワインに合う洒落た一皿「アスパラと帆立のバター炒め」

白ワインとバターの風味で美味しさアップ「アスパラと帆立のバター炒め」

白ワインとバターの風味で美味しさアップ「アスパラと帆立のバター炒め」

 俳優・升毅は、自宅マンションの隣室を借りて、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める『居酒屋ますや』を月2回ほど開催する料理好きだ。そんな升が、『週刊ポスト』の連載『居酒屋ますや』で5月から旬を迎え香りや歯ごたえ、味わいの違う「アスパラ」を使う料理を披露。その美味しさと魅力をレシピとともに紹介した。

「5~8月に旬を迎えるアスパラを使った、簡単おつまみです。毎年この時期になると、北海道・富良野の知人がアスパラを送ってくれます。昔と違ってほぼ年中手に入りますが、旬のものは香り、歯応え、味わいともに格別で、毎年心待ちにしているんです(笑)。帆立と一緒にバターで炒めるだけで、白ワインに合う洒落た一皿が完成です」(升)

白ワインとバターの風味で美味しさアップ「アスパラと帆立のバター炒め」

■材料(2人分)
グリーンアスパラガス…5本
バター…10g
帆立貝柱(刺身用)…10粒
塩…2つまみ
白ワイン…大さじ2
粗びきこしょう…2つまみ

■作り方
【1】アスパラガスは根元の固い部分を切り落とし、斜め3等分に切る。

アスパラガスは根元の固い部分を切り落とし、斜め3等分に切る

アスパラガスは根元の固い部分を切り落とし、斜め3等分に切る

【2】フライパンにバターを入れて弱火で熱し、帆立を炒める。両面の色が白くなったら①を加え、塩をふってアスパラガスに火を通す。

フライパンにバターを入れて弱火で熱し、帆立を炒める

フライパンにバターを入れて弱火で熱し、帆立を炒める

【3】白ワインを加えてふたをし、1分程蒸し焼きにする。
【4】粗びきこしょうで味を調えて完成。

【プロフィール】
升毅(ます・たけし)/1955年生まれ。東京都出身。近畿大学在学中に演劇を始め、1985年に演劇ユニット「賣名行為」を結成。1991~2002年は劇団「MOTHER」を主宰。主演ドラマ『旧車探して、地元めし』が映画・チャンネルNECOで放送中。

YouTubeで動画公開中。
https://www.youtube.com/channel/UC-DmGAqCEZMypBwgMncP1tQ

撮影/小林大介

※週刊ポスト2022年5月20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン