スポーツ

地方競馬からの出戻り馬、きっかけ一つで新たな可能性 馬も人間も諦めちゃいけない

2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートした蛯名正義氏

2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートした蛯名正義氏

 1987年の騎手デビューから34年間にわたり国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートした。蛯名氏の週刊ポスト連載『エビショー厩舎』から、地方競馬からの出戻り馬がきっかけ一つで強くなって中央に復帰した話についてお届けする。

 * * *
 少し前の話になりますが、連休前に出走した4歳馬についてお話しします。

 3歳以上の馬はすべて藤沢和雄厩舎からの転厩馬ですが、そのうち3頭の4歳馬は少し変わった経歴です。他の厩舎で中央デビューしたものの結果を出すことができず、未勝利のまま地方ホッカイドウ競馬に転出。中央に復帰するための規定の勝利をあげ、馬主さんの希望により藤沢厩舎で預かることになった。

 共通しているのは、3歳の早い時期に地方競馬へ出したこと。中央の3歳未勝利戦で惜敗していた馬が地方へ移籍してからだと強い馬が揃ってくる。馬主さんは、3歳未勝利戦がなくなる8月末ギリギリまで中央で走ってほしいと思うでしょうが、ある程度早い時期に区切りをつけて再スタートすることも一つの手でしょう。藤沢先生は地方で成長を促せば何とかなると感じるものがあったのかもしれません。その判断は調教師にとって重要なミッション。中央に戻ったら僕の厩舎でも預かるということで承諾していただきました。

 ただし地方で連勝したといっても中央とはレベルが違うので、再入厩しても最下級条件の1勝クラスでさえ勝ち負けになることは難しいものです。それでもジランドールは復帰初戦で4着になりました。

 ダイナストーンは4月24日に武豊騎手が騎乗して話題になりました。スタートよく果敢に逃げ、あわやと思わせました。最後は3着でしたが、勝ち馬からコンマ3秒と持ち味を発揮、さすが名手!

 もう1頭のクロパラントゥは2歳にデビューしてから3戦して9、12、10着で、3歳の4月にはホッカイドウ競馬へ転出。3連勝して3歳6月に再登録されてから中央でも3連勝してオープンにまで出世しました。

 こういうことは極めて稀で、この馬にとって何がよかったのかは分からない。中央で走っていた時は別の厩舎だったので、どういう状態だったかわからないし、強い馬、好調な馬が相手だったのかもしれないし、馬場が合わなかったのかもしれない。そんなことで負け癖がついていてちょっと腐っていたけれど、地方で少し楽な相手と走って勝ったら、よかったよかったって褒めてもらっていい気分になって、俺はもっと自信もっていいんだなって思うようになって―まあ、こればかりは馬がそう言っていたわけではないんだけど(笑)、人間も、そういうところ、あるじゃないですか。分かったのは、馬も人間もあきらめちゃいけないということなのかもしれません。

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン