スポーツ

地方競馬からの出戻り馬、きっかけ一つで新たな可能性 馬も人間も諦めちゃいけない

2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートした蛯名正義氏

2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートした蛯名正義氏

 1987年の騎手デビューから34年間にわたり国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートした。蛯名氏の週刊ポスト連載『エビショー厩舎』から、地方競馬からの出戻り馬がきっかけ一つで強くなって中央に復帰した話についてお届けする。

 * * *
 少し前の話になりますが、連休前に出走した4歳馬についてお話しします。

 3歳以上の馬はすべて藤沢和雄厩舎からの転厩馬ですが、そのうち3頭の4歳馬は少し変わった経歴です。他の厩舎で中央デビューしたものの結果を出すことができず、未勝利のまま地方ホッカイドウ競馬に転出。中央に復帰するための規定の勝利をあげ、馬主さんの希望により藤沢厩舎で預かることになった。

 共通しているのは、3歳の早い時期に地方競馬へ出したこと。中央の3歳未勝利戦で惜敗していた馬が地方へ移籍してからだと強い馬が揃ってくる。馬主さんは、3歳未勝利戦がなくなる8月末ギリギリまで中央で走ってほしいと思うでしょうが、ある程度早い時期に区切りをつけて再スタートすることも一つの手でしょう。藤沢先生は地方で成長を促せば何とかなると感じるものがあったのかもしれません。その判断は調教師にとって重要なミッション。中央に戻ったら僕の厩舎でも預かるということで承諾していただきました。

 ただし地方で連勝したといっても中央とはレベルが違うので、再入厩しても最下級条件の1勝クラスでさえ勝ち負けになることは難しいものです。それでもジランドールは復帰初戦で4着になりました。

 ダイナストーンは4月24日に武豊騎手が騎乗して話題になりました。スタートよく果敢に逃げ、あわやと思わせました。最後は3着でしたが、勝ち馬からコンマ3秒と持ち味を発揮、さすが名手!

 もう1頭のクロパラントゥは2歳にデビューしてから3戦して9、12、10着で、3歳の4月にはホッカイドウ競馬へ転出。3連勝して3歳6月に再登録されてから中央でも3連勝してオープンにまで出世しました。

 こういうことは極めて稀で、この馬にとって何がよかったのかは分からない。中央で走っていた時は別の厩舎だったので、どういう状態だったかわからないし、強い馬、好調な馬が相手だったのかもしれないし、馬場が合わなかったのかもしれない。そんなことで負け癖がついていてちょっと腐っていたけれど、地方で少し楽な相手と走って勝ったら、よかったよかったって褒めてもらっていい気分になって、俺はもっと自信もっていいんだなって思うようになって―まあ、こればかりは馬がそう言っていたわけではないんだけど(笑)、人間も、そういうところ、あるじゃないですか。分かったのは、馬も人間もあきらめちゃいけないということなのかもしれません。

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン