国際情報

ノーベル平和賞候補に投獄中の5人の香港民主化活動家「良心の囚人を選択」と推薦

ノーベル平和賞候補となった5人の香港民主化活動家はどんな人か

ノーベル平和賞候補となった5人の香港民主化活動家はどんな人か

 今年の秋に発表されるノーベル平和賞候補に、現在投獄されている香港のリンゴ日報創設者の黎智英氏や雨傘革命の黄之鋒氏ら民主化運動指導者ら5人がノミネートされていることが明らかになった。米国や中国など世界10カ国の著名な学者15人が共同で5人を推薦したもので、推薦理由として「この5人は、香港の市民社会を粉砕し、香港や北京の当局への批判を封じようとする香港国家安全維持法に反対した何百、何千もの香港人を代表する人々であり、彼ら5人は同法が香港にもたらした人権の圧殺と人間の尊厳に対する侮辱を受け入れるのではなく、『良心の囚人』になることを選んだのである」と説明している。米紙「ワシントンポスト」が報じた。

 推薦人は、代表である中国研究者でカリフォルニア大学リバーサイド校のペリー・リンク教授や中国の反体制思想家で習近平中国国家主席を「マフィアのボス」などと呼んで、米国に亡命し中国共産党籍を剥奪された蔡霞・元中央党校教授ら。

 推薦書に添えられた書簡の中で、教授らは香港の活動家たちを、ヒトラー批判のカール・フォン・オシエツキー氏(1935年受賞)、ソ連の反体制学者アンドレイ・サハロフ氏(1975年)、ポーランドの政治家レフ・ワレサ氏(1983年)、中国で拘束中に死亡した民主化指導者劉暁波氏(2010年)といった、これまでにノーベル平和賞を受賞した著名な反体制活動家や迫害された自由の闘士になぞらえて、「2022年に香港の良心の囚人に平和賞を授与することは、人類の最高の道徳的願望を強調することになる」と述べている。

 黎氏ら5人に対する推薦状は今年1月31日にノーベル平和賞委員会に送られたが、これまで公表されていなかった。

 5人のうち、学生指導者、黄之鋒氏(25歳)は「不法集会」の罪ですでに香港の刑務所内で1年1か月間、刑に服していたが、2021年1月に再逮捕され、新たな香港国家安全維持法によって「破壊工作」の罪に問われ終身刑となる可能性があるという。何桂藍氏は31歳の女性ジャーナリストで、2019年の民主化デモの際に政府の影響下にある組織がデモ参加者を殴打する状況を取材し報道。彼女も「破壊工作」の罪に問われ終身刑を言い渡される可能性があると伝えられる。

 2021年には米国の超党派の議員グループが香港の民主化運動全体を推薦した。今年は、個人251人、団体92人の計343人がノミネートされている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト