ライフ

世界に誇る獣医の最先端治療 人工心肺を使い心臓を止めて手術することも

機器が充実した手術室。同手術の普及のため、国内外より獣医師、動物看護師の見学も受け入れている(写真/JASMINEどうぶつ総合医療センター)

機器が充実した手術室。手術の普及のため、国内外より獣医師、動物看護師の見学も受け入れている(写真/JASMINEどうぶつ総合医療センター)※受診には、かかりつけ病院からの紹介が必要

 どんな時も寄り添ってくれる愛犬や愛猫も、人間と同様に歳を取れば病気になる。同時に、動物を対象とした医療の進歩は目覚ましく、高度医療に特化した病院も登場。海外にその名を轟かせる最先端治療を行う獣医もいる。

 神奈川県横浜市の『JASMINEどうぶつ総合医療センター』が行っているのは心臓の僧帽弁修復手術。上地センター長と水野祐医長の2人それぞれが僧帽弁修復手術の執刀医を務める。

 高齢の犬で最も多くみられる心疾患「僧帽弁閉鎖不全症」。特に小型犬に多く、左心房と左心室の間の僧帽弁が正常に閉まらなくなることで血液が逆流し、進行すると肺水腫や心不全などを発症して死に至る場合もある。根治的な僧帽弁修復手術で世界一の手術実績(約2360件)を持つのが、上地正実センター長だ。

「人工心肺を用い、心臓を60分間止めて手術します。小さなチワワの場合、僧帽弁の大きさは人間の小指の爪ほどですが、断裂した弁の腱を針と糸で元の位置に戻し、広がった弁の根元を縫い縮めて弁がうまく閉じるようにします」(上地センター長)

上地センター長(左)と水野祐医長の2人それぞれが僧帽弁修復手術の執刀医を務める(撮影/佐藤敏和)

上地センター長(左)と水野祐医長の2人それぞれが僧帽弁修復手術の執刀医を務める(撮影/佐藤敏和)

 かかる費用は、手術費用143万円、入院やその後の通院などで合計212万~222万円。退院率は98.57%(2022年実績)。米国など海外から愛犬の手術を受けにくる飼い主も多い。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン