ライフ

輪郭を明るく整えて際立たさせ、自然に仕上げる「眉まわり専用コンシーラー」

メイク

ハイライト効果で自然に際立つイマドキ眉になれるヴィセ リシェの『アイブロウエンハンサー』

 ヘア&メイクアップアーティスト山本浩未さんが、オトナのための美容情報を紹介。今回は、眉まわりに特化したコンシーラーについてお届けします。

 * * *
 以前から私が使っているテクに、「ファンデ綿棒」というのがあります。綿棒の先端にファンデーションやコンシーラーを取り、眉や唇の輪郭を縁取ることで、形を自然に際立たせるという方法。

 輪郭を際立たせるというと、「濃い色でラインを描く」と思いがちですがハイライト効果で形を浮き立たせるわけ。このテクがもっと手軽にできる、眉まわり専用のコンシーラー『アイブロウエンハンサー』が、ヴィセ リシェから登場します。使い方は、眉を描いたらアウトラインに沿って縁取るだけ。ラインの外側を指先で軽くなじませると、より自然に仕上がります。

 先端が技ありで、斜めにカットされた太軸がちょうど眉に沿わせやすい角度。ただ当ててなぞるだけで程よくラインがひけます。綿棒だと先が細いからぼかすなどのテクニックが必要だけど、難しいことを考えずにできちゃう。

 眉を描く前にも使えます。例えば、眉まわりのムダ毛をうまく整えられない、という人も、これで先に輪郭を描いておけば、ガイドラインができて眉が描きやすくなります。さらにムダ毛を目立たなくさせつつボヤけたラインをくっきりさせる、というコンシーラーとハイライターのいいとこ取りも。

 イマドキは、眉の輪郭をくっきり描くと古くさい顔になっちゃうから、ちょっと柔らかめの色のアイブロウペンシルが多いの。とはいえ、大人が柔らかめの色を使うと、なんとなく顔がボケちゃう。これでアウトラインを明るくすれば、柔らかい色合いでも眉が際立つんです。

 誰が使っても間違いないナチュラルベージュの色みや、さらっとした仕上がりも使いやすい。「ボヤけてきたラインを強く描くのではなく、明暗の対比でくっきり見せる」という、大人を老けて見せない使い方が簡単にできるアイテム。これは1つ持っておくと便利ですよ!

【プロフィール】
山本浩未/ヘア&メイクアップアーティスト。1964年生まれ。「今すぐ実践できる」を発信する、メイクの第一人者。

※女性セブン2022年5月26日号

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン