芸能

上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた

上島竜兵さんのギャグに松本人志は「画期的」と、その深さを評価していた

上島竜兵さんのギャグに松本人志は「画期的」と、その深さを評価していた

 お笑いタレントでダチョウ倶楽部のメンバー・上島竜兵さんの急逝に、芸能界から相次いで追悼のメッセージが届いている。ダウンタウン・松本人志は、5月11日にツイッターで「今日は仕事でテンションを上げるのに少し苦労しました。同世代の仲間やからね…」とつぶやいたのに続き、5月15日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』の出演。「深い付き合いではないけど、長い付き合いだった。40年近く、要所要所でうちの番組に来て盛り上げてくれて……」と振り返りながら、「ちょっとごめんなさい」と思わず涙ぐんだ。ベテラン芸能ライターが、松本の心中を慮る。

「テレビで涙を見せることを良しとしない松本さんがあんな表情を見せたことに驚きましたが、それだけショックだったのでしょう。リアクション芸で知られた上島さんと松本さんでは芸風が違いますが、だからこそ“自分にはできない芸だ”と上島さんを高く評価していました。大晦日恒例の『笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)では、上島さんと出川(哲朗)さんのリアクション対決が大きな山場でした。

 松本さんは『ワイドナショー』で、『痛みが伴う笑いがダメって言われてしまうと、熱湯風呂とか熱々おでんとかできないじゃないですか』『僕なんかは、あの芸が有害なんてちっとも思わない』と語り、痛みを伴う笑いに懸念を示すBPOの姿勢に疑問を呈しました。『笑ってはいけないシリーズ』で一緒に笑いを作り上げてきた戦友への思いを込めたメッセージだったのではないでしょうか。

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン