芸能

磯村勇斗の華麗なる“年下男子力”と“後輩力” 『じぞ恋』放送中にトレンド入り多数

磯村勇斗にしかない魅力とは?(時事通信フォト)

磯村勇斗にしかない魅力とは?(時事通信フォト)

 上野樹里演じるヨガインストラクターと、松重豊演じる父親の“ダブル婚活”を描いて話題の連続ドラマ『持続可能な恋ですか?』(TBS系列、毎週火曜22時〜)。ドラマオタクのエッセイスト小林久乃氏が注目するのは、ヒロインの相手役ではなく、放送中からSNSで話題になる“恋の当て馬役”の磯村勇斗(29)だという。小林氏が、その真意を綴る。

 * * *
『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜(以下、じぞ恋)』の放送中、SNSで“磯村勇斗”がトレンド入りしていることを知っているだろうか? しかし磯村さんは主演俳優ではない。いわば恋の当て馬ポジションなのに、トレンド入りをするほど人気を博しているのには理由がある。

 多くのユーザーが反応しているのが、主演の上野樹里さんに恋心を抱き、着々と距離を縮めている年下男子……というシーンの連打である。この演技が非常に素晴らしく、私を含めた世の女性たちの心を仕留めているのだ。さらに掘り下げていくと、彼にはもっと類いまれな魅力が見えてきてしまった。これは相当深い沼のようだ。

疲れた女性たちの心を癒す“年下男子力”

 まずは、『じぞ恋』の磯村さんがどのような役どころなのかを確認したい。

 沢田杏花(上野)は独立を目指す、ヨガのインストラクター。起業セミナーで出会ったシングルファーザーの東村晴太(田中圭)との恋が動きそうで……動かない……という渦中にいながら、父と暮らす家に幼馴染の不破颯(磯村)が引っ越してくることになった。颯は、幼い頃から好きだった杏花への思いが止まらない……これが、第5話(5月17日放送)前の簡単な内容だ。注目したいのは、杏花に対する颯の猛プッシュ。年下、幼馴染、同居中という3種の神器をフルに使っている。

 杏花が結婚をする余裕がないと言えば「杏花ちゃんを助けてくれる人と結婚すればいいじゃん……いるよ、ここに(ここ=自分)」と、ストレートなプロポーズ。年上女性に“ちゃん”づけができるのは、旧知の仲である証拠……と、感動している暇はない。さらに颯は居候の身であることを理由に、家事全般を担当している。交際前に特技を披露できるのは、同居の特権だ。「今日はご飯いる?」と出勤時に聞いてくれて、帰宅すれば「よく頑張ったね」の台詞付きで、肩揉みをしてくれる。何ここ? 天国ですか??

 実は磯村さんの華麗なる年下男子ぶり、『じぞ恋』が始めてではない。2020年の『恋する母たち』(TBS系)の赤坂剛役では、年上で既婚の上司・林優子(吉田羊)と恋愛(不倫)関係になっていた。最初のベッドシーンで、剛が敬語から、タメ口になるシーン。あれはコロナ禍で疲弊していた私たちの心を救ってくれた。29歳の実年齢よりも若々しく見えるビジュアルも手伝って、磯村さんの演技は頑張る女性たちの、サプリメントになっている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン