芸能

上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に

2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた

お笑い界の名だたる大物たちに愛された上島さん

 5月11日に急逝したダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(享年61)に対し、お笑い界の名だたる大物がお悔やみの言葉を寄せている。ビートたけしが「本当に悔しい」とメッセージを出せば、明石家さんまはラジオで「いろいろ思い出もあるんで、(精神的に)こたえた」とコメント。松本人志は15日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、「長いつきあいだったので」と、声を詰まらせた。

「上島さんは志村けんさんに大変気に入られ、番組で共演するだけでなく、プライベートでも常に行動を共にしていたことで有名でしたが、同時にタモリ、ビートたけし、明石家さんま、所ジョージ、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、ナインティナイン、さまぁ~ずなど、あらゆる売れっ子MCとも仕事をしてきました。これは本当に珍しいことです。

 上島さんのようにゲストやひな壇で活躍する芸人は、仕事をする相手が偏るもの。大物に気に入られるのが芸能界を生き抜く鉄則ですから、必然的に“たけしの番組にはしょっちゅう出るが、さんまの番組には全く出ない”といった現象が起きるものなんです。ところが上島さんにはそれがまったくなかった。仕事にもつながっていきました。それはひとえに上島さんの人柄でしょうし、誰からも愛された何よりの証拠でしょう」(芸能関係者)

 冒頭の3人以外にも、加藤茶、爆笑問題、出川哲朗、ナインティナイン、おぎやはぎ、有吉弘行、土田晃之、バナナマンなど、数え切れないほどの芸人仲間が上島さんを追悼。上島さんは先輩だけでなく、後輩からも愛された。

「上島さんは典型的な“ツッコまれ役”で、ポンコツと言われることもしばしばでしたが、現場では常に周囲への気配りを忘れない人でした。萎縮する若手に『どんどん前に出ていいよ』と優しく声を掛けたり、爪痕を残そうと意気込む芸人に発言のタイミングをアドバイスしたり、とにかく番組を盛り上げ、芸人としてやっていくノウハウを惜しみなく伝授していました。有吉弘行や土田晃之らが、どれだけ売れっ子になっても上島さんへの感謝の気持ちを忘れなかったのは、そういった姿を見ているからでしょう」(お笑いライター)

 上島さんは生前、ことあるごとに自らについて“子分肌”と語り、後輩に対しても子分のようなスタンスで接すると話していた。しかし人柄が良いだけで食べていけるほど、お笑いの世界は甘くない。民放バラエティ番組制作関係者は、上島さんが生み出した数々のギャグの秀逸さについてこう語る。

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン