スポーツ

巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声

悩ましい坂本の後継問題(共同通信社)

悩ましい坂本の後継問題(共同通信社)

 巨人は主力選手が過渡期を迎えている。坂本勇人、丸佳浩、中田翔が33歳、菅野智之が32歳。リーグ優勝を狙う一方で、数年後を見据えると世代交代も図らなければいけない状況だ。なかでも坂本をいつまで遊撃手として起用するかは最大の問題だろう。スポーツ紙デスクが語る。

「まだまだ球界屈指の遊撃ですし、本人も守れるという自負があると思いますが、守備の負担が多いポジションなので故障のリスクが伴う。今回のように故障で戦線離脱するとチームにとって大きな痛手です。2020年に2000本安打を達成しましたが、史上2人目の3000本安打も十分に狙えます。そのためには試合に出続けなければいけない。一塁コンバートを現実のものとして考える時期に来ていると思います」

 坂本は替えが利かない選手だ。今季は「左内腹斜筋筋損傷」で、レギュラーに定着した高卒2年目の2008年以降で初めて開幕一軍を外れた。それでも、3月27日の開幕3戦目・中日戦から復帰すると4打数4安打の大暴れ。チームの首位快走の原動力になった。29試合出場で2割8分3厘、3本塁打、11打点をマーク。精神的支柱としてもその存在感は大きい。ところが、4月30日の阪神戦で負傷交代。「右膝内側側副靱帯損傷」で戦線離脱すると、チームも失速した。

 坂本に代わって一軍昇格したのが高卒2年目の中山礼都だ。俊足と広角に打ち分けるバットコントロールが武器で、5月6日のヤクルト戦で3回に左前へプロ初安打をマークすると、プロ初盗塁に成功。丸佳浩の中前適時打で本塁生還し、プロ初得点を記録した。当初は本職でない二塁で起用されていたが、8日のヤクルト戦以降は「8番・遊撃」で8試合連続スタメン出場。18日の広島戦ではプロ初のマルチ安打、翌19日には決勝タイムリーを放った。

 中山は他球団のスコアラーの間で評価が高い。昨年は二軍で規定打席には到達しなかったが、高卒1年目ながら打率は3割を超えている。高校とプロの投手では打席で感じる球の速さ、変化球のキレが全く違うだけでなく、金属バットから木製バットに変わり対応に苦しむ選手が多い。

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン