スポーツ

北斗晶、息子夫婦には干渉しない方針も「ボスと呼んで」と新妻に唯一の要望

北斗晶

「長与さんにチクられて私が叱られるかも」と笑った北斗晶

 現役時代の愛称は泣く子も黙る「デンジャラス・クイーン」。ママレスラーのパイオニアとして一世を風靡し、引退後は主婦タレントとして活躍する“鬼嫁”こと北斗晶(54才)。一般企業に務める長男・健之介さん(23才)は、女子プロレスラー・門倉凛(29才)と結婚した。長男の結婚や新妻との関係について、北斗が90分にわたって語り尽くした。【前後編の後編。前編はこちら

息子夫婦と同居は絶対に嫌だ!

「健介は昔気質で真面目なんですよ。『まだ早いんじゃないか?』とか、『食わせる自信がないうちはダメだ』とか、男親としての不安を口にしていました。でも、実際に凛ちゃんと会うと、すごく謙虚で、しっかりした考えを持っている子だったので、すっかり安心したみたい。

(健之介さんと門倉の)交際期間は約半年。私もちょっと早いかな?とは思ったけど、考えてみれば私と健介なんてつきあって1か月で結婚してますからね。相手がプロレスラーなのも、体が丈夫だからいいかって。凛ちゃんは小柄なのにめちゃくちゃよく食べるから、むしろ食費が心配になるくらい(笑い)」

 念を押して「本当にいいんだな」と尋ねる両親に、健之介さんが「彼女じゃなきゃダメなんだ」と宣言したことも決定打になったという。

「凛ちゃんにも『健之介のこと好きなのか?』って聞くと『はい』ってすぐに答えるんです。『愛してるのか』って聞いたら『はい』って。聞いてるこっちが照れちゃいますよね。でも、大事に育ててきた息子をこんなに好きになってくれる人がいるのは、ありがたいこと。反対する理由なんてないですよ」

“鬼嫁”がパワーアップして“鬼姑”になるのでは……。

「いや~、もし私が厳しく怒ったりしたら、長与さんにチクられて私が叱られるかもしれないじゃん(笑い)。

 息子には『お前、浮気でもしたら、ただじゃおかねぇぞ』ってガツンと言いました。嫁であると同時に、私の後輩でもあるので、『もし彼女を悲しませることがあったら、ボコボコにすんぞ!』って。

 姑になる実感はまだ湧かないんですが、思い出したのは自分のときのことです。九州で暮らす健介のお母さんは、私と結婚すると聞いて、喜んで本屋さんに『週刊プロレス』を買いに走ったらしいんですよ。そしたら、カラーで何ページにもわたって悪役のメイクをしてる私が載ってて、そっと雑誌を閉じて見なかったことにしたとか……(笑い)。

 もちろんいまは仲よくしているし、『チャコちゃん(北斗の愛称)は鬼嫁じゃないのにね』って言ってくれる優しいお母さんです。でも、“営業妨害”だからそんなこと言ったらダメだよって(笑い)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン