芸能

水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ

 日本テレビの久野静香アナ(33)が6月末で退社することが報じられた。同局によると理由は「結婚のため」とのことだが、この退社が社内で波紋を呼んでいるという。久野アナの退社がきっかけで同局の“絶対的エース”である水卜麻美アナ(35)の「フリー転身」が再び囁かれているというのだ。日本テレビの内部ではいま、何が起きているのか――。

 日テレの40代男性社員が語る。

「今年に入って、水卜アナと公私ともに親しかった桝太一アナ(40)が『研究者を目指す』という理由で退社。さらに佐藤義朗アナ(36)も実家のスポーツ用品店を継ぐという理由で5月いっぱいで退社する予定です。桝アナの同期だった青木源太アナ(39)が2年前に退社して以降、男性アナの退社が相次いでアナウンス室はてんやわんやの状態です。そこに、今度は久野アナですからね……。ウチは“女子アナが辞めない”会社でしたから、『ついにこの時が来たか』と。定期的に話題に上る話ではあるのですが、今回の退社を受けて社内では『水卜アナのフリー転身も近いのではないか』と噂していますよ」

 フジテレビでは久代萌美アナ(32)と久慈暁子アナ(27)がこの春フリーに転身するなど、売れっ子アナの退社は珍しいことではない。ただ、この男性社員が語るように日テレは“特別な状況”にあったため、久野アナの退社は驚きをもって迎えられているようだ。

 女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「日テレは2010年に水卜アナが入社して以降、彼女の後輩アナが誰も退社していないんです。これはフリー転身が当たり前になった現代としては異様とも言える状況です。その要因として考えられるのは、日テレはフリーアナをあまり起用せず、他局に比べて自社のアナウンサーを積極的に看板番組に登用する傾向があることでしょうか。そしてその起用に応えて活躍する水卜アナという“お手本”がいたため、若手の女子アナも伸び伸びと頑張ってこられたのだと思います。ただ、裏を返せば局内に“辞めにくい空気”があったとも言えます」

 今回の久野アナのフリー転身で、その“神話”は終わりを迎える。

「久野アナは『news zero』のキャスターや『news every.サタデー』のメインキャスターなど報道畑でキャリアを積んだ“報道のエース”です。しかも報道だけでなく、バラエティやスポーツなど幅広い番組を器用にこなしていたのでフリーになっても制作者が起用しやすいアナウンサーになると思います。愛車がホンダCBRと無類のバイク好きで、そういう意外な一面もフリー向きです。もし彼女がフリーアナとして台頭するようなことがあれば、いよいよ“ド本命”の水卜アナも局アナとしての役割は終えて、より自由に活動できるフリーアナへの転身という選択が現実味を帯びてくるのではないでしょうか」(丸山氏)

 若手の人気アナが続々と退社してきた他局を尻目に、盤石の布陣を揃える「令和の女子アナ帝国」日本テレビ。久野アナの退社が引き金になって、“帝国崩壊”となってしまうのか。人気アナたちの動向に、今後も注目が集まる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン