国内

偽オーディションでキス強要、逮捕の無名監督が事件に使った卑劣な脚本

吉岡康成容疑者は何を思って脚本を書き、事件を起こしたのか…(本人のFacebookより)

吉岡康成容疑者は何を思って脚本を書き、事件を起こしたのか…(本人のFacebookより)

 映画監督の榊英雄氏や園子温氏らによる性加害が次々に報じられるなか、ある“無名監督”が注目されている。

 榊氏の第一報の前となる3月2日、映画のオーディションと偽り女性を集めて体を触り、キスしたとして当時52歳の吉岡康成容疑者が強制わいせつの疑いで逮捕された。

 事件に使われた脚本「教室」では、吉岡容疑者演じる男性が再会した小学校の同級生(出演希望の女性)に「ずっとお前のことが好きだった」と、いきなり教室でキス──と欲望丸出しのシナリオが書き綴られていた。

 5月には同様の手口の犯行で再逮捕(準強制わいせつ容疑)され、警視庁は余罪を追及している。オーディションに際しては「格闘技映画」への出演者を募集したと報じられているが、作品は架空のものではなかった。

「本業は建築プロデューサーだと言って、脚本を渡されました……」

 昨年末、吉岡容疑者に会った映画のラインプロデューサーの女性、木村さん(仮名)は言う。

「小さな映像プロダクションの関係者から『自分でお金を出して映画を作りたいという社長さんがいる』と紹介されました」

 木村さんが渡されたのは不良青年がキックボクシングを通じて更生し、良き仲間と出会うストーリーの脚本だった。

〈(キックボクシングは)他者を圧倒するものじゃない。他者を活かすために、内面を磨く/お前は礼節を重んじる態度を養うことからだ〉といった台詞が並ぶが、映画になるのだろうか。

「お金さえ払えば、プロも自主映画に参加しますよ。作品が面白いかと、仕事として引き受けるかは別ですから」(木村さん)

 実際、吉岡容疑者はカメラマンや助監督には商業映画より高いギャラを提示していたという。だが、木村さんは断わった。

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン