スポーツ

遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘

Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)

Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)

 5月中旬から失速している中日・立浪和義監督の采配に疑問の声が上がっている。波紋を呼んだのが、交流戦前に敢行した高橋周平の「遊撃起用」だった。三塁でゴールデングラブ賞を2度獲得するなど守備能力の高さに定評があったが、和製大砲・石川昂弥を育てたいチーム方針で今年から二塁にコンバート。ところが、シーズンに入って京田陽太のファーム降格など正遊撃手不在のチーム状況となり、指揮官は高橋周を遊撃で起用することを決断した。

 だが、その試みが機能しているとは言えない。高橋周は5月21日の広島戦で試合途中に8年ぶりに遊撃の守備についたが、平凡な遊ゴロをトンネルする適時失策。5月24日の西武戦も1点差に迫った4回に滝沢夏央の打球をファンブル。ピンチを招き追加点を許した。打撃も3打数無安打と良いところがなかった。地元テレビ局関係者も首をかしげる。

「攻守に精彩を欠いていた京田のレギュラー剥奪は理解できますが、なぜ高橋周を遊撃で起用したのかは不可解です。立浪監督は交流戦全18試合が人工芝なので対応できると話していたが、そんな甘いものではないでしょう。高橋周の脚力だと三遊間、二遊間の打球が厳しい。8年間守っていない遊撃は体に掛かる負担も大きい。そもそも、このような起用法をするならなぜ根尾を外野から遊撃に再コンバートさせたのか。チームを強くするビジョンが見えてきません」

 立浪監督からすれば、根尾は遊撃としてまだまだ発展途上で、スタメンで使い続ける力が備わっていないと判断したのだろう。また、貧打を解消したいという思惑も見える。遊撃に高橋周を起用することで二塁・阿部寿樹、三塁に石川と「超攻撃型布陣」が完成する。だがこの見方に、スポーツ紙デスクは疑問を呈する。

「高橋周が打撃で結果を残しているかというとそうではない。長打を打てるわけではなく、機動力があるわけでもないので得点力が上がる布陣とは言えません。むしろデメリットのほうが大きい。高橋周が遊撃に入ることで守備のミスを覚悟しなければいけない。広いバンテリンドームを本拠地に置く中日は守り勝つ野球を突き詰めないと白星が積み重ねられません。落合博満元監督の黄金時代を支えた二塁・荒木雅博、遊撃・井端弘和の『アライバ』が象徴的な存在です。チームが下降線をたどっているので焦りもあると思いますが、立浪監督の采配は迷走しているように感じます」

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン