ライフ

大地震とゲリラ豪雨が同時発生で大阪はどうなる? 建物、道路、液状化の被害予測MAP

大阪液状化&ゲリラ豪雨MAP

大阪液状化&ゲリラ豪雨MAP

 来たる巨大地震に備え、国や自治体は着々と準備を進めているが、本当に恐ろしいのは天災が“重なる”ことである。これから雨の季節が本格化する中、もし巨大地震とゲリラ豪雨が同時にやってきたら……。

 関西で危惧されるのは「南海トラフ巨大地震」である。「南海トラフ巨大地震災害対策等検討部会」の被害想定(2013年10月30日)によると、南海トラフでM9クラスの最大規模の地震が発生すると、大阪府の揺れによる建物被害は大阪市を中心に府内のほぼ全域に広がり、全壊・半壊合わせて約17万5000棟に達する。

 揺れによる全壊棟数が多いのは、大阪市内は城東区、旭区、此花区、西成区など。大阪市外では、阪南市、泉南市、堺市が上位に位置する。同部会の委員で、関西大学社会安全学部・特別任命教授の河田惠昭氏が語る。

「南海トラフ巨大地震は、直下型地震より地震波の周期が長くなる(振動数が少ない)と想定されています。そのため建物の被害数は低く見積もられていますが、1981年以前に作られた耐震性が脆弱な住宅が密集するエリアは、倒壊の恐れがあります」

 これらの被害想定は地震対策に役に立つが、地震単体に備えるだけでは足りない。今、専門家が危惧するのは、複数の災害が時を同じくして起きる「複合災害」のリスクである。

 海抜が低く、埋め立て地が多い大阪は以前から液状化が懸念されている。南海トラフ巨大地震災害対策等検討部会の被害想定によれば、大阪市から堺市にかけての湾岸部は液状化のリスクが高い。さらに大阪市の外縁を液状化の危険度の高いエリアが取り囲み、巨大地震による液状化で7万棟を超える建物が全壊すると想定されている。地震にゲリラ豪雨が加わると、さらなる被害が襲いかかることになる。河田氏が語る。

「大阪で怖いのは、津波による浸水リスクが大きいことです。海抜ゼロメートル地域が多い大阪市でゲリラ豪雨が同時に起きれば、大阪市内を南北に走る松屋町筋の西側はすべて水没する可能性が高い。

 また河川の多い大阪府では、津波が河川を伝わって遡上する『河川津波』が発生し、キタ(梅田駅周辺)や寝屋川流域の東大阪市にまで川の水が溢れ出します。そこにゲリラ豪雨が加われば、東京以上に大きな被害に見舞われる可能性があります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン