ライフ

メイクが楽になる 最新「アートメイク」初心者のための不安解消Q&A

アートメイクは進化している

アートメイクは進化している

 ところどころ毛が薄くなりまだらな眉、まぶたがたるんでアイラインもガタガタ……。日々のメイクが一層めんどうになる中で、注目されているのがアートメイク。ひと昔前に流行ったときの印象から「痛そう」「不自然」「失敗しても戻せない」と思い込んでいる人も多いはず。ところが現在は、メイクのような自然な仕上がりと取り入れやすさが常識に。劇的に進化したアートメイクの世界をご紹介します!

【説明してくれる人】
シロノクリニック 銀座 院長 徳永真理さん/手術をしない美容医療で、キレイを叶えるエキスパート。「美容室へお手入れに行くような気持ちで、悩みを相談してください」。

徳永真理さん

徳永真理さん

アフターフォローも万全な医療機関での施術を

 加齢とともに修正したいパーツは増えるのに、老眼でメイクにひと苦労……。アートメイクはそんな人にこそおすすめ。

「自分でメイクするより断然きれいと50代以上の方にも好評です。技法が進化し、仕上がりがとてもナチュラルなのも魅力。アートメイクは2001年に厚生労働省より医療行為と定められています。施術を受けるときは、アフターフォローもきちんとしてくれる、医療機関を選びましょう」(徳永真理さん・以下同)

15年前のアートメイクはこうでした

15年前のアートメイクはこうでした!医療マシンで塗りつぶす施術だったので、眉やアイラインもベタッと均一な印象に。皮膚の深い場所に着色するため色が抜けにくく、長年肌に残った色素が青色やオレンジ色に変色することも

アートメイクはこんな人におすすめ

【眉】
・眉を描くのが苦手。
・加齢で眉が薄くなった。
・以前、抜いたり剃ったりしたため、毛がまばら。
・似合う眉の色や形がわからない。

【生え際】
・生え際が薄くなった。
・おでこが広くなってきた。
・生え際の左右差が目立つ。
・小顔に見せたい。

【唇】
・年齢とともに唇の輪郭がぼやけてきた。
・唇がやせてしぼんできた。
・色がくすんできた。
・リップを塗ってないときも血色感をキープしたい。

【アイライン】
・アイラインを描くのが苦手。
・しわやたるみでアイラインが描きづらい。
・老眼でまぶたの際にうまく引けない。
・ラインがにじんでパンダ目になりやすい。

最近のアートメイクはこんなに進化

【形】
 顔の印象を大きく左右する眉は、基本的な黄金比やなりたい雰囲気などから形を選定。簡単に消せないだけに納得いくまで相談を。

【深さ】
 表皮の0.01〜0.03mm程度の浅い部分にインクを入れるため、肌の新陳代謝で少しずつ薄くなる。2〜3年毎にメンテナンスするのを前提に入れるのが、いまの常識。

【色】
 近年はインクも進化し変色しにくいものに。複数のインクを調合し、ヘアカラーのように顔や肌の色に合わせた色味が作れる。

【デザイン】
 技法の進化でより自然な眉を実現。『ストローク』や『3D』など呼び方はクリニックによって異なるが、手描きで毛並みを1本1本描くように色素を入れる技法が主流。針でドット状にふんわり色を入れる『グラデーション』や『パウダー』などのバリエーションもある。

デザインにバリエーションも

デザインにバリエーションも

アートメイク初心者のための不安解消Q&A

Q1.「施術は1回でOK?」

A1.「2回の施術で細かく調整し 理想のデザインに」

 アートメイクは2回セットが基本。「個人差はありますが、一度の施術では20〜50%色素が薄れる場合も。2回目に調整することで理想のデザインに仕上げることができます」。

Q2.「ダウンタイムはどれくらいあるの?」

A2.「眉の場合、腫れはほとんどなし。周りに気づかれずに施術できる!」

「アイラインは2〜3日ほど多少腫れますが、眉は腫れてもほとんど目立たない程度です」。当日はクレンジングなどの制約はあるものの、ほぼいつも通りの生活ができる。術後1週間は、施術部位へのメイクはNG。

術後2~3日でかさぶたができるが、眉が少し濃くなったように見える程度(写真)。「無理に剥がすと色素の定着が悪くなるので、自然に取れるのを待ちましょう」

術後2~3日でかさぶたができるが、眉が少し濃くなったように見える程度(写真)。「無理に剥がすと色素の定着が悪くなるので、自然に取れるのを待ちましょう」

Q3.「施術中の痛みはあるの?」

A3.「麻酔をしてから施術するので痛みの心配はほとんどなし」

 麻酔クリームを塗るなどしてから施術を行うため、痛みはほとんどなし。「個人差はありますが、痛みで施術をやめた人はいません。施術中に眠ってしまう人も多いんですよ」。

Q4「自分に合うクリニックはどうやって探したらいい?」

A4.「ホームページやSNSで症例写真をチェックして」

 クリニックや施術者によって仕上がりが変わるのがアートメイク。クリニックのホームページやインスタグラムなどで症例写真をチェックして、気に入ったデザインを見つけて。

Q5.「加齢で眉がかなり薄くなった。毛がなくても施術できる?」

A5.「毛並みを描き足していくから毛のないところにも毛が復活」

「毛のないところにも毛並みを1本1本描き足すことで、本物の毛が生えているように眉を再生します」。若い頃に眉毛を抜きすぎて、毛が生えてこない人にもおすすめ。

毛がないところも復活

毛がないところも復活

Q6.「アートメイクをしていてもMRIは受けられる?」

A6.「クリニックで使用するインクは検査に支障なし」

「インクには微量の金属が含まれますが、検査に支障をきたすものではないのでMRIも問題なく受けられます。ただし、検査時は医療機関へ報告するようにしましょう」

取材・文/青山貴子 撮影/武井メグミ イラスト/もと潤子

※女性セブン2022年6月30日号

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン