ビジネス

大ブームで入手困難「ヤクルト1000」の凄さ 店頭販売用は7月を目途に増産予定

店頭では入手困難な状態が続いている「ヤクルト1000」

店頭では入手困難な状態が続いている「ヤクルト1000」

 物価高による家計の圧迫で財布の紐が固くなるなか、売り切れ続出の大ヒット商品がある。乳酸菌飲料「ヤクルト1000」シリーズだ。同商品の売れ行きは絶好調で、店頭では入手困難な状態が続いている。ヤクルト本社広報担当者が語る。

「おかげさまで宅配用の『Yakult1000』は、1日あたり114万7000本(2021年4月~2022年3月)売れています。店頭販売用の『Y1000』も1日あたり20万本の販売数計画を4割程度上回って推移しました」

 現在、「ヤクルト1000」シリーズは、宅配用の「Yakult1000」(100ml・130円)と、コンビニなど店頭販売用の「Y1000」(110ml・150円)の2タイプが販売される。容量と形は異なるものの、中身はまったく同じだ。それぞれ1本130円、150円と決して安くはない価格設定だが、なぜそこまで売れているのか。

 大きな理由のひとつは、「睡眠改善」である。SNSでは、〈深い眠りにつける〉〈スッと寝られる〉との称賛が相次ぎ、タレントのマツコ・デラックスやバイオリニストの高嶋ちさ子なども、同商品を飲んで寝つきが良くなったと明かし、芸能界でも話題になっている。

 公式ホームページによれば、機能性表示食品「ヤクルト1000」は、生きて腸内まで到達する「乳酸菌 シロタ株」が1000億個入った乳製品乳酸菌飲料。〈一時的な精神的ストレスがかかる状況での「ストレス緩和」「睡眠の質向上」の機能があります〉と記されている。

 睡眠改善の秘訣は、その「シロタ株」の数と密度にある。福岡天神内視鏡クリニック院長の秋山祖久医師が語る。

「シロタ株は微生物学者の代田稔博士が見つけた乳酸菌の一種です。この菌を高菌数・高密度にすると、体内の神経系に作用し、睡眠の質を高める効果がヤクルトの研究などで認められています。

 最も一般的で廉価な『Newヤクルト』は、1本(65ml)に含まれるシロタ株の数は200億個ほどですが、『ヤクルト1000』は1本に1000億個ほど。高密度の飲料を開発したことが、ヤクルトの優れた点です」

 前出のヤクルト本社広報担当者もこう語る。

「シロタ株の基礎研究が進むなかで、高密度にすることで神経系に作用することが明らかになった際に、その作用をお客さまへメリットとして具現化できる機能は何だろうと考えました。結果行き着いたのが、ストレスや睡眠です。そこでさらに検証を行なうと、それらに対する効果があることが確認できました」

 実際にヤクルトが学生140人などを対象に行なった臨床実験では、「ヤクルト1000」を毎日飲んだグループは睡眠中に脳波が良好な状態を保ち、熟眠度が向上。また、起床時の眠気を示すスコアも改善され、スッキリとした目覚めに変化していた。ストレス緩和機能も確認された。子供の飲み物との印象があるヤクルトだが、「最近よく眠れない」という中高年にも効果が期待できそうだ。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン