ビジネス

大ヒット中の「ヤクルト1000」 ヤクルトレディの意見も商品開発に反映

「ヤクルト1000」には様々な意見が反映されているという

「ヤクルト1000」には様々な意見が反映されているという

 マツコ・デラックスや高嶋ちさ子など、芸能界でも愛飲家が増え、全国各地で売り切れが続出している機能性表示食品「ヤクルト1000」。ヤクルトの公式ホームページによれば、同商品は生きて腸内まで到達する「乳酸菌 シロタ株」が1本(100ml)に1000億個入っている。一時的な精神的ストレスがかかる状況での「ストレス緩和」「睡眠の質向上」の機能があるという。

 今回の大ヒット商品はいかにして生まれたのか。それは、ヤクルトという企業が持つ独自の土壌が大きく関連している。ヤクルトの設立は1930年、微生物学者の代田稔博士が、シロタ株の強化・培養に成功したことがきっかけだった。元ヤクルト本社広告部長でコンサルティング会社代表の平野淳氏が語る。

「代田博士はこの乳酸菌で、予防医学に基づく社会貢献をしたいとの思いで販売を始めました。『健康は人類の普遍的価値だ』という代田博士の理念は今でも脈々と受け継がれている。ヤクルトは単なる飲料メーカーではなく、人々の健康を第一に考えた『菌を提供している』会社なのが他社と違うところです」

 ただ半世紀以上にわたる社史のなかには、順風満帆ではない時期もあった。『経済界』編集局長の関慎夫氏が語る。

「ヤクルトは1970~1980年代は売り上げが落ち込んでいましたが、それでも利益主義に走ることはなく、牛乳と同等の栄養価があることをコンセプトにした『ジョア』などの新商品を開発・ヒットさせてきました。“みんなを健康にしたい”との思いは決して変わらない点がヤクルトの凄さです」

 そうした長年に及ぶ健康第一の精神が結実したのが、「ヤクルト1000」だった。平野氏が語る。

「ヤクルトは現在も新たな菌探しを続ける一方で、シロタ株に新たな可能性がないか研究を続けることも大切にしています。もともと持っていた整腸機能に加え、睡眠の質の向上やストレス緩和という新たな機能を発見できたのは、徹底したシロタ株研究の賜物でしょう。そのなかで生まれた『ヤクルト1000』は“究極のヤクルト”と言えます」

 ヤクルト本社開発部・主事の渡邉治氏は、開発の舞台裏について、

〈高菌数、高密度化の実現には、菌を増やす培養技術や原料の選定、また、風味を損なう酸が出すぎないように高菌数を維持するといった課題まで、一つひとつを乗り越える必要がありました。まさに『ヤクルト』を80年以上作り続けてきたノウハウが詰まった1本です〉(『日経XTREND SPECIAL』)

 と語っている。また各地にいるスタッフが顧客に商品を届ける「ヤクルトレディ」は、商品開発にとっても大きな存在だという。

「お客さまと顔を合わせてヤクルトの機能を紹介するなどの話をし、毎日継続して飲んでもらうこともヤクルトレディの役割です。そうしてお客さまからの様々な意見を聞いているヤクルトレディと研究者が直接話し合う機会がヤクルトにはあり、商品づくりに反映されています」(平野氏)

※週刊ポスト2022年7月1日号

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン