芸能

槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動

コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー

コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー

 マッキー、帰ってきてくれてありがとう! この夜に集まった大勢のファンたちは、そんな思いで1時間半以上も待ち続けていたのだろう。5月18日の埼玉県川口総合文化センター。昨年9月の活動再開後、初の全国ツアー2日目は、待ちわびていたファンの熱気に溢れていた。終演から、実に1時間40分が経ったころ。この日に53才の誕生日を迎えた主役の槇原敬之は、ようやく楽屋口から姿を現した。長蛇の列をなして待ち続けていたファンに向かって、両手を振って何度も「ありがとう!」と声をかける。何があっても付いてきてくれているありがたみをかみしめながら、車に乗り込み走り去った。

 覚醒剤取締法違反容疑で2度目の逮捕をされたのは、日本が本格的なコロナ禍に入る直前の2020年2月だった。その21年前の1999年8月。すでにミリオンセラーの超トップアーティストだった30才のときに初めて逮捕されて、懲役1年6か月、執行猶予3年の判決を受けていた。

 その後は、2003年にSMAPの国民的大ヒット曲となった『世界に一つだけの花』を制作。再び表舞台で実績を積み直して、2007年には16年ぶりにNHK紅白歌合戦にもカムバックするなど、“禊”は済んだとみなされていた。それなのに50才を超えての再犯。初犯から長期間が経っていて実刑こそ免れたが、都内の湾岸署からの保釈時には、白髪交じりのボーボーのあごヒゲとボロボロの歯で報道陣の前に登場し、世間に大きなショックを与えた。

 ある芸能関係者は「二度と復帰ができないのではと思わせるほどの姿でした。間違いなく、初犯時以上にダメージは大きく、イメージは地の底にまで落ちてしまいました」と振り返る。

 そんなどん底からの再復活だけに、この夜のライブでは、本人とファンの間に重い雰囲気も漂っていたという。見送りまでした50代女性ファンは「MCでは、マッキーが『みなさんに、胸を張って槇原のファンだと言えなくさせてしまったこと、本当に……ごめんなさい!』と頭を下げられまして。会場には泣き出すお客さんもいました」と明かした。

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン