芸能

「プーチンはどこかに行ってほしい」松山千春、鈴木宗男氏の前でロシアを痛烈批判

松山千春のコメントが波紋(写真は2013年/時事通信フォト)

松山千春のコメントが波紋(写真は2013年/時事通信フォト)

「ロシアは許せない。プーチン(大統領)は、もう、どこかに行ってほしい。ウクライナは大変な状況になっているが、何としても国を守ってほしい」

 歌手の松山千春(66)が6月29日、デビュー45周年を記念した全国ツアーの最終公演で発したコメントが波紋を広げている。

「この日は松山さんの地元・札幌での公演だったこともあり、親しい人が招待されていました。そのなかには鈴木宗男・参院議員の姿もあった。ライブ会場という公の場で、あえて鈴木氏を目の前にこうした発言をしたことで、2人の関係に亀裂が生じるのではないかと心配する声が上がりました」(ツアー関係者)

 鈴木氏と松山は高校の先輩後輩から始まり、その関係の深さは広く知られている。松山は選挙のたびに鈴木氏の応援演説にかけつけるだけでなく、新党大地の名付け親になり、党のテーマ曲を提供するなど鈴木氏の政治活動を全面的に支えてきた。

 鈴木氏も〈いわゆる生涯の親友。それも、心の友と書く“心友”です〉(『サンデー毎日』2016年1月31日号)と、松山に全幅の信頼を寄せていることを明かしている。

 その鈴木氏だが、ロシアのウクライナ侵攻に関するブログ投稿が「ロシア寄りすぎるのではないか」とSNS上で批判の声が上がっている。

〈ゼレンスキー大統領は『武器を供与してくれ、少ない』と訴えている。(中略)それでは戦争が長引き、犠牲者が増えるだけではないか〉
〈自前で戦えないのなら潔く関係諸国に停戦の仲立ちをお願いするのが賢明な判断と思うのだが〉(いずれも6月16日付)

 この投稿には駐日ウクライナ特命全権大使が抗議する騒動になった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン