スポーツ

追悼・二代目若乃花 照ノ富士の横綱昇進で発した「たった一言」の真意

二代目若乃花が語っていた秘話(時事通信フォト)

二代目若乃花が語っていた秘話(時事通信フォト)

 第56代横綱の二代目若乃花(本名・下山勝則氏)が、7月場所中の7月16日に肺がんのため大阪市内の病院で亡くなった。69歳だった。現役時代は「花のニッパチ組」と呼ばれ、同じ昭和28年生まれの北の湖(元横綱)、麒麟児(元関脇)、金城(元関脇)、大錦(元小結)とともに5人衆として活躍した。69歳という年齢はまだ相撲協会に再雇用で残れる歳だが、すでに2013年に相撲協会を退職し、近年はその言葉が伝えられることはほとんどなかった。本誌・週刊ポストでは、昨年秋に二代目若乃花の貴重な肉声を報じていた。

 現役時代は多くのファンに愛された力士だった。相撲ジャーナリストが解説する。

「憎まれ役だった北の湖とは対象的に、色白の甘いマスクで人気を博した。芸者やクラブママなど玄人の女性のファンが多い印象で、同じ二子山部屋所属で“角界のプリンス”といわれた初代貴ノ花(元大関)とともに女性人気を二分した。

 柔和な風貌と違って信念を曲げない人でもあった。現役中に師匠(元横綱・初代若乃花)の長女と結婚の後、離婚して、再婚までした。もともとは二子山部屋の後継者に決まっていたが、その座を捨ててまで再婚したことが注目された。引退後は年寄『間垣』を襲名して部屋を興したが、理事長も務めた重鎮である初代若乃花の関係がネックとなり、冷や飯を食うことになった」

 それでも五城楼や若ノ城など8人の関取を育て、1998年には当時の境川理事長(元横綱・佐田の山)が推し進める年寄名跡売買禁止に反対し、理事選に出馬して当選を果たす。以後、協会と対立しながらも10年間理事を務めたが、2005年に侑子夫人が亡くなり、2007年に脳出血で倒れて車椅子生活になると、理事を下りた。

「体調悪化とともに弟子育成も難しくなったが、2010年2月の“貴の乱”では、二所ノ関一門から離脱し、改革を掲げた貴乃花(元横綱)と行動をともにするなど、反体制の姿勢は変わらなかった」(同前)

 部屋が衰退期に入った頃に入門してきたのが、現横綱の照ノ富士だった。照ノ富士の現在の所属は伊勢ヶ濱部屋だが、2010年12月に入門したのは間垣部屋だったのだ。1990年代は40人近い弟子がいた間垣部屋だが、照ノ富士が入門した当時は力士3人と呼び出し、床山しかいない陣容となっていた。それでも期待を寄せられていたのであろう照ノ富士の入門時の四股名は「若三勝」。師匠である二代目若乃花が大関時代まで名乗った「若三杉」にちなんだものだった。

 その後、二代目若乃花は2013年3月に部屋を閉め、弟子とともに伊勢ヶ濱部屋に転籍。同年12月に65歳の定年を待たずに退職した。

伊勢ヶ濱部屋への移籍の裏側

 一度だけ元関脇・貴闘力のYouTubeに登場(2020年11月)し、協会幹部の批判をしたことがあったが、二代目若乃花の消息が伝えられたことはほとんどなかった。昨年の7月場所後に照ノ富士が横綱昇進を決めた際も、“生みの師匠”の祝福コメントが報じられることはなかった。

 ケガや病気があって大関から序二段まで転落後、復活を遂げて横綱に上りつめたかつての弟子である照ノ富士について話を聞こうと、本誌記者は昨年9月場所後に、大阪市内の介護施設に入所している二代目若乃花を訪ねた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

勝負強さは健在のDeNA筒香嘉智(時事通信フォト)
DeNA筒香嘉智、日本復帰で即大活躍のウラにチームメイトの“粋な計らい” 主砲・牧秀悟が音頭を取った「チャラい歓迎」
週刊ポスト
『虎に翼』の公式Xより
ドラマ通が選ぶ「最高の弁護士ドラマ」ランキング 圧倒的1位は『リーガル・ハイ』、キャラクターの濃さも話の密度も圧倒的
女性セブン
羽生結弦のライバルであるチェンが衝撃論文
《羽生結弦の永遠のライバル》ネイサン・チェンが衝撃の卒業論文 題材は羽生と同じくフィギュアスケートでも視点は正反対
女性セブン
“くわまん”こと桑野信義さん
《大腸がん闘病の桑野信義》「なんでケツの穴を他人に診せなきゃいけないんだ!」戻れぬ3年前の後悔「もっと生きたい」
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
中森明菜
中森明菜、6年半の沈黙を破るファンイベントは「1公演7万8430円」 会場として有力視されるジャズクラブは近藤真彦と因縁
女性セブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
報道陣の問いかけには無言を貫いた水原被告(時事通信フォト)
《2021年に悪事が集中》水原一平「大谷翔平が大幅昇給したタイミングで“闇堕ち”」の新疑惑 エンゼルス入団当初から狙っていた「相棒のドル箱口座」
NEWSポストセブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
大谷翔平の妻・真美子さんの役目とは
《大谷翔平の巨額通帳管理》重大任務が託されるのは真美子夫人か 日本人メジャーリーガーでは“妻が管理”のケースが多数
女性セブン
店を出て染谷と話し込む山崎
【映画『陰陽師0』打ち上げ】山崎賢人、染谷将太、奈緒らが西麻布の韓国料理店に集結 染谷の妻・菊地凛子も同席
女性セブン