ライフ

【書評】『旅館おかみの誕生』旅行で通じて今という時代をとらえた新しい民俗学

『旅館おかみの誕生』著・後藤知美

『旅館おかみの誕生』著・後藤知美

【書評】『旅館おかみの誕生』/後藤知美・著/藤原書店/4180円
【評者】井上章一(国際日本文化研究センター所長)

 日本旅館のいわゆるおかみには、しばしば演技的な役目が期待される。宿を舞台とする、ちょっとしたヒロインであることをのぞむ客が、少なくない。和服の着こなしが、様になる。立居振舞にそつがない。客へのもてなしもあざやか。宴席での挨拶も、堂にいっている。そのうえ、お茶やお花、日本舞踊の心得があれば、言うことなし、と。

 旅館のおかみに、そういう印象がただよいだしたのは、しかし比較的新しい。1960年代なかば以後の現象である。本格的にそんな役目がとりざたされだしたのは、1980年代からであるという。著者は、旅行雑誌の分析をとおして、以上のようなおかみ像の浮上ぶりをつかみとっている。

 それ以前の女主人に、今のべたような役割はもとめられていなかった。事態をかえたのは、高度成長期における旅行の変容である。旅行者数の飛躍的な増大は、ホテルの建設ラッシュをひきおこした。洋式のホテルにはのぞめない日本情緒の演出を、旅館は余儀なくされていく。その立役者にえらばれたのは、おかみであった。

 団体旅行の普及と衰退、そして家族旅行への交替は、おかみのありかたをどう左右したか。旅行者にしめる女性客比率の増大は、いかにうけとめられたのだろう。旅行業全般における経営の合理化、そして最適化の趨勢はおかみをどうかえたか。また、従業員気質の推移があたえたインパクトは、いかばかりであったろう。

 著者は複雑にからまりあう旅行事情を腑分けして、おかみとのかかわりを分析する。その過程で、メディアがおかみ像を増幅した背景を、あぶりだす。また、定型的なおかみ像が少なからぬ旅館でめいわくがられている様子も、抽出した。ここが、じつにいい。

 旅館ではたらくおかみは、家事や育児をどうこなしているのか。祭礼をはじめとする地域とのつきあいは……。オフィスワークを中心にすえた女子労働の研究では見えない部分へ、光があたっている。今という時代をとらえる新しい民俗学が、私にはたのしめた。

※週刊ポスト2022年7月29日号

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
今年の共通テスト。大学受験のためには中学受験をすべきか、高校受験がよいのか。受験事情に詳しい藤沢氏に聞いた(時事通信フォト)
かつて学歴否定派だった藤沢数希氏 1000万円かけて私立中高一貫校に通わせる効果を解説
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
東京電力も家庭向け電気料金値上げを申請(時事通信フォト)
電気代とガス代の高騰はもはや「恐怖」の水準 これで値上げが終わりなわけでもない
NEWSポストセブン