国内

YouTube、銃の製造法動画の投稿を規制できない現状 アメリカでも社会問題化

山上徹也容疑者のTwitter投稿から何が読み取れるのか(写真/共同通信社)

手製の銃を作った山上徹也容疑者(写真/共同通信社)

 長さ約40cm、高さ約20cm。金属製の筒2本に木の板を添え、黒い粘着テープでぐるぐる巻きにしてある。カプセルのような容器には弾丸が6発入り、後方からは電気コードが延びる──これが日本の憲政史上最長の在任期間を誇る、元首相の命をいとも簡単に奪った「手作り」の銃である。

 日本中を震撼させた安倍晋三元首相(享年67)の銃撃事件。誰もが驚いたのは、凶器の銃が手製だったことだ。殺人容疑で逮捕された無職の山上徹也容疑者(41才)の自宅からは、手製の銃7丁が見つかり、うち1、2丁は作りかけだった。

「自分で作り方を調べて部品を買い、ネットで購入したものもある」

 この山上容疑者の供述通り、銃は市販の材料で作ることができる。銃器評論家の津田哲也さんが指摘する。

「材料はホームセンターで、工具は中学校の技術室にあるもので簡単に作れます。発射薬は市販されている花火の火薬、弾丸はパチンコ玉や工業用のベアリングでも代用できてしまう。発射装置は、本物の銃のような雷管式だと一般人には製造困難ですが、山上容疑者が作った電着式は、小学校の理科の知識があれば作れてしまうような単純な機構です」

 銃の製造法をどのように学んだのか。山上容疑者は「YouTubeの動画を参考に銃を製造した」と供述した。これについて、ITジャーナリストの三上洋さんが指摘する。

「YouTubeは銃の製造法を投稿することを禁じています。ところが、実際にはYouTubeや一部のサイトでは銃の作り方がいくつも投稿されており、一般人でも簡単に検索・閲覧できます。しかも、YouTubeはアメリカのもの。日本政府や警察は取り締まることができず、規制の方法はありません」

 実際にYouTubeに投稿された海外の動画を見ると、「銃の作り方を紹介します」という英語のナレーションとともに、その作り方を順を追って丁寧に説明している。当然ながら、こうした手製の銃はアメリカでも社会問題化している。

「『ゴーストガン(幽霊銃)』と呼ばれる無登録の手製銃について、バイデン政権は規制を強化する方向です。業者が製造した正規の銃にはシリアルナンバーが入り、犯罪が起きた際に入手経路などを把握できますが、誰でも入手できる材料で作るとシリアルナンバーがなく、追跡が難しくなっています。

 今後は日本でもゴーストガン対策が必須になるでしょう。ですが、まずは火薬や弾丸の入手規制を強化すべきです」(三上さん・以下同)

※女性セブン2022年8月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン