ライフ

最新長編『地図と拳』発表の小川哲氏「フィクションも一種の反戦活動になる」

小川哲氏が新作について語る

小川哲氏が新作について語る

【著者インタビュー】小川哲氏/『地図と拳』/集英社/2420円/

 直木賞候補作にもなった『嘘と正典』以来、約3年ぶりとなる、小川哲氏の待望の最新長編『地図と拳』。中国東北部は奉天の東に、川に蜜が流れ、〈燃える土〉に富む桃源郷があると聞き、様々な思惑を抱えてやってきた人々と、その〈李家鎮〉と呼ばれる架空の町の50年史を、SF界注目の新星は、現実の満洲史の行間を縫うように現出させてしまう。

「位置的には、撫順あたりですね。炭鉱も有名ですし」

 各章には〈一八九九年、夏〉から〈一九五五年、春〉まで西暦と季節が記され、日露戦争前夜から満洲国の消滅及び日本の敗戦までが、茶商人に扮した軍部の密偵〈高木〉や、後に李家鎮の都市計画に係わることになる〈須野明男〉ら、複数の視点で語られてゆく。

 ただでさえ短命に帰した満洲国の歴史に、さらなる人工都市の虚像を上書きするこの大胆不敵な試みは、マルケス『百年の孤独』をイメージしてのものだとか。つまり主人公は高木でも明男でもなく、地図もない土地に忽然と出現した都市、李家鎮そのものなのだと。

「元々は地図というより、都市や建築の話を書くつもりだったんです。編集者と話していて、かつて多くの都市計画を率いていた高山英華という建築家が題材としておもしろいんじゃないかと。東大蹴球部出身で、戦後は駒沢公園などを手がけた彼は、満洲で着手し、結果的には頓挫した、大同都邑計画というものを実際に立案しているんです。

 そもそも満洲の町は、20世紀初頭から第二次大戦の間に急速に発展した町ばかりですし、この幻の都市計画を参考に架空の都市をフィクションとして作れば、その象徴にもなるだろうと。

 タイトルは連載が始まる際に何案か考えて『地図と拳』にしたんですけど、地図に関しては正直、その時点では何の知識もありませんでした(笑)」

 実は〈教えるんだ〉〈地平線の先にも世界が存在していることを〉などといった地図の本質に触れる文言も、本書のために学び、蓄えた知識の賜物。巻末に夥しい数の参考文献を載せる著者は、建築や満洲に関しても「全くの素人」を自称する。

「これは『ゲームの王国』で内戦時代のカンボジアを書いた時に感じたんですが、何も知らないことを調べて書く方が、知らない人の視点で書けますし、濃度の高いエンタメになる。もちろん、メチャクチャ大変なんですけどね。

 でも大変なのは僕だけで済みますし、勉強する中でこれはと思うことをうまくフィクション化できれば、仮に小説はつまんなくても、読者の知識や考える材料にはなる。最悪、時間のムダにはならないなって(笑)」

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン