ライフ

最新長編『地図と拳』発表の小川哲氏「フィクションも一種の反戦活動になる」

小川哲氏が新作について語る

小川哲氏が新作について語る

【著者インタビュー】小川哲氏/『地図と拳』/集英社/2420円/

 直木賞候補作にもなった『嘘と正典』以来、約3年ぶりとなる、小川哲氏の待望の最新長編『地図と拳』。中国東北部は奉天の東に、川に蜜が流れ、〈燃える土〉に富む桃源郷があると聞き、様々な思惑を抱えてやってきた人々と、その〈李家鎮〉と呼ばれる架空の町の50年史を、SF界注目の新星は、現実の満洲史の行間を縫うように現出させてしまう。

「位置的には、撫順あたりですね。炭鉱も有名ですし」

 各章には〈一八九九年、夏〉から〈一九五五年、春〉まで西暦と季節が記され、日露戦争前夜から満洲国の消滅及び日本の敗戦までが、茶商人に扮した軍部の密偵〈高木〉や、後に李家鎮の都市計画に係わることになる〈須野明男〉ら、複数の視点で語られてゆく。

 ただでさえ短命に帰した満洲国の歴史に、さらなる人工都市の虚像を上書きするこの大胆不敵な試みは、マルケス『百年の孤独』をイメージしてのものだとか。つまり主人公は高木でも明男でもなく、地図もない土地に忽然と出現した都市、李家鎮そのものなのだと。

「元々は地図というより、都市や建築の話を書くつもりだったんです。編集者と話していて、かつて多くの都市計画を率いていた高山英華という建築家が題材としておもしろいんじゃないかと。東大蹴球部出身で、戦後は駒沢公園などを手がけた彼は、満洲で着手し、結果的には頓挫した、大同都邑計画というものを実際に立案しているんです。

 そもそも満洲の町は、20世紀初頭から第二次大戦の間に急速に発展した町ばかりですし、この幻の都市計画を参考に架空の都市をフィクションとして作れば、その象徴にもなるだろうと。

 タイトルは連載が始まる際に何案か考えて『地図と拳』にしたんですけど、地図に関しては正直、その時点では何の知識もありませんでした(笑)」

 実は〈教えるんだ〉〈地平線の先にも世界が存在していることを〉などといった地図の本質に触れる文言も、本書のために学び、蓄えた知識の賜物。巻末に夥しい数の参考文献を載せる著者は、建築や満洲に関しても「全くの素人」を自称する。

「これは『ゲームの王国』で内戦時代のカンボジアを書いた時に感じたんですが、何も知らないことを調べて書く方が、知らない人の視点で書けますし、濃度の高いエンタメになる。もちろん、メチャクチャ大変なんですけどね。

 でも大変なのは僕だけで済みますし、勉強する中でこれはと思うことをうまくフィクション化できれば、仮に小説はつまんなくても、読者の知識や考える材料にはなる。最悪、時間のムダにはならないなって(笑)」

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン