国内

家族がカルト、陰謀論、マルチにハマったら… 目を覚ますには何をすればいいか

写真/イメージマート

家族がカルトにハマったら…(写真/イメージマート)

 安倍晋三元首相(享年67)の銃撃事件から約1か月。山上徹也容疑者が凶行に及んだ動機とされる、旧統一教会に関する報道を見て、「なぜハマるのか」と理解できず驚いている人もいるだろう。だが、あなたの家族が被害者になる可能性は大いにある。都内在住の須田裕子さん(仮名・44才)が話す。

「高校時代に仲のよかった同級生から連絡があり、10年ぶりにランチをしたんです。昔話に花が咲き、とても楽しくおしゃべりしていました。ですが、彼女が突然タブレットを取り出して、『見てほしい映像がある』と2時間以上も宗教団体の勧誘動画を見せてきて……。だんだん『これが真理なのかも』と思えて、危うく信じ込みそうになりました」

 明星大学心理学部准教授の藤井靖さんが警鐘を鳴らす。

「カルト宗教などに対し、『ハマってしまう方が悪い』『自分は絶対にハマらない』と考える人がいます。しかし、ハマるかどうかは“運”ともいえます。正直、状況しだいでは私自身もハマってしまう可能性を否定できない」

 カルト宗教の勧誘は、サークル仲間や“友人の友人”といった、「一定の関係」を築いて行われることが多い。心理的に、即座に拒否するのが難しい状況を作るためだ。さらに、一度断っても継続的にアプローチをかけ続ける。

「人というのは、感情や体調にムラがあるものです。継続的に接触していれば、疲れ果てて弱ったタイミングに当たることもある。そのときに、『わが団体に入れば大丈夫。すべての悩みが解決して幸福になれる』と言われたら、憔悴している人は飛びつきたくなるものです」(藤井さん)

 身近な人や自分自身が、不運にも危険なものにのめり込んでしまった場合、私たちは何をすべきだろうか。

“ヤバい人”の境界線

 精神科医で岡田クリニック院長の岡田尊司さんは、「依存」は現代人にありふれた問題だと話す。

「宗教に限らず、患者の中にはスマホゲームに何千万円もお金を使ったという人や、占いに何十万円もつぎ込んだという人もいました。彼らにとって、それが心のよりどころになっているため一概に否定はできませんが、全財産をつぎ込むほど心酔するのは危険サインです」

 特定のものに対して過剰な依存に陥りやすい人は「依存性パーソナリティー障害」の疑いがある。さらに、依存を超えて「狂信」という段階に至る場合には、「妄想性パーソナリティー障害」を有していることが多いとされる。

「前者は強い不安にさいなまれていて自信がなく、自分よりも確信を持っている人に頼りたいと考える特徴がある。暗示にかかりやすく、マインドコントロールを受けやすい。一方、『妄想性〜』の人は不信感が強く、裏の意図を勘ぐり、何に対しても怪しむ傾向があります」(岡田さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン