芸能

深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

松本若菜

『復讐の未亡人』に主演する松本若菜

 夏ドラマが始まり、多くの作品が放送されているが、深夜枠のドラマにいつもとは違う“異変”が見られるという。お色気要素のあるドラマが増えているのだ。その一方で、純愛回帰の流れも進んでいるという。いったいどういうことか? テレビ局の狙いについてコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが分析する。

 * * *
 6日スタートの『個人差あります』(東海テレビ・フジテレビ系)でようやくすべての夏ドラマがそろいますが、全体を見て気づかされたのは、深夜帯にベッドシーンを前面に押し出した作品が3本も放送されていること。今年に入ってここまでは、キスシーンこそあっても、それを繰り返して見せ場にするようなお色気系ドラマはなかっただけに変化を感じさせられます。

 その3作とは、強盗犯と謎のセレブ妻が北海道を目指して逃避行する『雪女と蟹を食う』(テレビ東京系)、コンプレックスを抱える美術講師が風俗嬢に本気の恋をする『ロマンス暴風域』(MBS・TBS系)、夫を自殺で失った妻が勤務先に潜入して復讐を重ねる『復讐の未亡人』(テレビ東京系)。いずれも主人公の物語を進める上で、ベッドシーンが重要な役割を果たしています。

 ところが深夜帯のドラマには、もう1つの流れがありました。それは「昭和の純愛に回帰」というお色気とは真逆のコンセプト。実際、今夏は『消しゴムをくれた女子を好きになった。』(日本テレビ系)と『みなと商事ランドリー』(テレビ東京系)の2作が放送されています。

 お色気と純愛。深夜帯のドラマに両極端な傾向が表われている理由を掘り下げていきましょう。

配信との相性がいいお色気ドラマ

 まず前提として書いておきたいのは、近年では「深夜帯ですらベッドシーンを前面に押し出した作品がほとんどない」こと。BPOの設立以降、特に女性の裸を映した作品がゴールデン・プライム帯からほとんどなくなり、さらにコンプライアンスが求められるようになったことで、徐々に深夜帯からも減っていきました。ちなみに現在ゴールデン・プライム帯では『テッパチ!』(フジテレビ系)が毎週イケメンの半裸シーンを放送して賛否を集めていますが、露出としては「これが精一杯」という分かりやすい事例でしょう。

 ではなぜ今夏は3作も放送されているのか。その理由として最も大きいのは、配信視聴数を上げるため。現在テレビ局は視聴率をベースにした放送収入の落ち込みをカバーすべく、「配信関連の収入をどう増やしていくか」を進めているところです。

 配信である以上、放送時間の早い遅いは関係なく、深夜帯にとってはゴールデン・プライム帯と同列でヒットを狙えるチャンス。むしろ深夜帯はゴールデン・プライム帯より表現の幅が広いため、「配信再生数を上げること」「自社系列の動画配信サービスにおける有料会員数アップにつなげること」を期待されているのです。

もともと配信では、お色気を前面に出した作品は再生数を稼げるコンテンツの1つでした。だからこそ「深夜帯なら放送できるギリギリの表現まで攻めたドラマを作り、配信での収入を得ていこう」という戦略を採っているのでしょう。

 ちなみに冒頭にあげた3作は、いずれも漫画の実写ドラマ化。漫画もネット上ではドラマ以上にお色気を前面に押し出した作品の人気が高く、だからこそドラマのプロデューサーたちはその中でより配信数が稼げそうな漫画を選ぼうとしているのです。

 実は『ロマンス暴風域』を放送したドラマ枠『ドラマイズム』では、昨年も『サレタガワのブルー』『凜子さんはシてみたい』というベッドシーンを前面に押し出した漫画を実写化していました。同枠は今後も年1~2作ペースでお色気を前面に押し出した作品を放送し、配信視聴を積極的に狙っていくのではないでしょうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン